【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

うそ電話、飲食店荒し

本紙掲載日:2020-08-04
3面

協力金狙う詐欺休業店舗う

◆新たな手口に注意呼び掛け−県警

 県警は、新型コロナウイルス感染症対策に関する休業・時短営業要請に伴う協力金支給に便乗して個人情報を盗み出そうとするうそ電話詐欺(特殊詐欺)や休業中の飲食店を狙った事務所荒らしなど窃盗に注意するよう呼び掛けている。

 接待を伴う飲食店や食事提供店(持ち帰りや宅配を除く)に対して協力金が支給されるが、懸念されるうそ電話や不審メールは、「協力金の申請手続き代行」「協力金配布を理由とした所在確認」「口座番号や暗証番号を聞き出そうとする」など。

 県警は被害防止のポイントとして、^転敞峭罅口座番号、マイナンバーは絶対に教えない通帳、キャッシュカードは絶対に渡さない―を挙げる。

 生活安全企画課は「不審なメールや電話があった場合は、すぐに最寄りの警察署や交番・駐在所、または警察安全相談電話(#9110)に連絡を」と呼び掛けている。

 また、窃盗については事務所荒らしの他に金庫破り、出店荒らしなどが懸念されている。主な侵入方法は、バールなどでドアをこじ開ける「ドア錠こじ破り」、鍵をかけていない窓などから侵入する「無締まり侵入」、ガラスを破壊して建物内に侵入する「ガラス打ち破り」。

 同課は、「出入り口や窓の確実な施錠」「売上金を銀行に入金するなど店内に現金を保管しない」など、被害防止策をとるよう注意喚起する。

 県警は、予想される特殊詐欺や窃盗に対して特に夜間のパトロールを強化。メールサービスで防犯情報を配信していく。県防災・防犯情報メールサービスへの登録を勧めている。

その他の記事/過去の記事
page-top