【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ感染者、新たに8人

本紙掲載日:2020-08-04
1面
延岡のクラスター事例の調査結果を報告する県の担当者ら

延岡市の飲食店13人が陽性−3日

◆店の協力で利用者把握−県、検査完了

 県と宮崎市は3日、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生した延岡市の飲食店で、利用客13人が陽性だったと発表した。県は「店舗の協力で把握できた利用客の検査は完了した」と明言。今後は、同店関連の感染者の接触者などの調査や検査を進めていく。3日に発表された新たな感染者は延岡市2人を含む8人。県内の累計は195人となった。

 3日、新たに確認されたのは延岡市の20代男性と60代男性と、宮崎市、西都市、都城市の2人ずつ。宮崎市の40代女性は延岡市のクラスター店舗を利用していたが、ほかの7人の行動歴は3日午後現在、分かっていない。

 県によると、延岡市のクラスター店舗は、新型コロナ対策のガイドラインに従って、来店者名簿を作成。そのため名簿に記載されていた数十人の利用者に連絡が取れて、3日までに検査が完了したという。

 その結果、すでに感染が発表されていたスタッフ4人、利用客7人に加え、利用客13人の陽性が判明。3日現在、同店関連の感染者は24人となった。

 県の担当者は迅速な調査、検査につながった名簿作成に謝意。今後は名簿から漏れていた利用客がいないかにも注意しながら、陽性者の接触者の調査や検査を進めていく。

 来県中の厚労省クラスター対策班は3日、延岡に入った。今後も疫学調査のサポートや対策への助言を行っていく。また、現在12床の延岡西臼杵圏域の入院病床を近日中に、複数の協力医療機関との調整で20床程度増やすことも明かされた。

 県内で初めてクラスターが発生した高鍋町のスナックを中心とした感染拡大と調査、検査について、担当者は「めどが付いた」と判断を示した。

 8月1日には最多489件の検査が行われたが、2日には164件になった。「西都児湯関係の感染経路のつながりは見えてきており、延岡関係はクラスター関連がほとんど。宮崎市内も一定程度、経路は追うことができていると聞いている」と、感染経路不明な例は少ないとの見方も示された。

その他の記事/過去の記事
page-top