【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最後まで粘り「全力出せた」−延岡工

本紙掲載日:2020-07-29
9面
【ハンドボール男子・決勝】敵陣を崩してシュートを放つ延岡工の井本

県高校特別スポーツ大会2020・ハンドボール男子

 男子は延岡工が準優勝。4年連続で小林秀峰と頂点を競ったが、王者の壁は厚かった。主将の井本天(3年)は「最後は勝ちたかった。100%ではないが、自分たちのプレーを出せたので悔いはない」と話した。

 延岡工は決勝、試合を通して秀峰の素早い攻撃を守り切れなかった。試合開始からわずか55秒でカウンターから溝口玲斗(2年)が先制したものの、その後はペースを握られ失点。井本、甲斐陸王、日睇、米良直哉の4人の3年生の連係プレーで得点する場面も見られたが、及ばなかった。

 10―22と差はついたが、選手らに涙はなかった。井本は「前半で負けていたけど、全員で1点でも多く取りに行く気持ちがよかった。小学生から競技してきて、全国も経験したけど、それと同じくらい記憶に残る試合になった」。甲斐は「県総体で優勝してインターハイに行くことが夢だった。これで終わってしまう寂しさはあるが、3年間の全力を出せたいい試合だった」と晴れやかな表情で振り返った。

 川野雅史監督は「攻撃に対応できないまま終わった。うまくいかないときでも、粘り強く頑張るという伝統を、3年生がつくってくれた」と称賛した。

その他の記事/過去の記事
page-top