【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県内さらに4人−24〜27例目

本紙掲載日:2020-07-24
1面

新型コロナ感染者−宮崎市内2人、高鍋町の男性2人

◆PCR検査、最多の166件実施−県

 県と宮崎市は23日、県内で新たに4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。4人は、宮崎市の40代団体職員の女性、50代理容師の男性の2人と、県内23例目となった30代男性と接触歴のある高鍋町の40代男性2人。県内の感染者はこれで27人となった。いずれも軽症で指定医療機関に入院するよう調整している。同日、県内で実施したPCR検査件数は過去最多の166件だった。

 県の担当者は「市中感染と断定できる状況ではないが、その可能性があると危機感を持ち、対策に取り組む必要がある」と呼び掛け。症状がなくてもマスクの着用や、発熱や風邪の症状がある場合の自宅療養など、新しい生活様式の実践を呼び掛けている。

 また、県によると、フルーツ店経営の県内23例目の男性の濃厚接触者30人のうち、29人の陰性を確認。15日以降に店を訪れたと相談した100人の検査を実施し、全員が陰性と確認されたという。県は24日以降も、同店の来客者の相談、検査を行っていく方針だ。


◆24、25例目−観光協会職員と理髪店経営
 男性は市中感染の可能性も−宮崎市内

 宮崎市によると県内24例目になる40代女性は、同市観光協会職員でJR宮崎駅構内の観光案内所に勤めている。県内21、22例目となった同市在住の夫婦とともに今月11日、首都圏からの来訪者と屋外バーベキューで会食していた。会食には、そのほか県内在住3人も同席していたが、いずれも同日の検査で、陰性が確認された。

 24例目の女性は、18日に37・5度の発熱があり、以降も37度台の発熱が継続。20日からはせきが出だしたが、医療機関の受診はしていなかった。

 案内所には17、18、21日に出勤。18、21日は出勤後、体調不良のために早退した。23日に同市保健所で検査し、陽性が確認された。

 濃厚接触者は同居する母と弟、案内所に勤務する同僚2人。同市によると、案内所では女性はマスクをして、パーテーションなどの感染防止対策を行っていた。案内所は24日から閉鎖するという。

 県内25例目の50歳男性は、同市内で理髪店を1人で経営。1人暮らし。15日以降は営業し、20、21、23日は休んだ。

 17日に37・1度の発熱があり、20日に39度の発熱があって医療機関を受診。発熱は継続し、23日に別の医療機関を受診し、検査の結果、陽性が確認された。

 同市健康支援課はこの男性は常時、マスクを着用。15日以降に約20人の接客をしており、客の特定と濃厚接触があったかどうかは調査中。同課は「感染経路が不明で、市中感染の可能性がある」としている。


◆26、27例目の男性2人
 23例目の男性と会食や会話−高鍋町内

 県によると、26例目の高鍋町の男性は、今月18日に同町内に住む23例目の男性と同じ会合に参加。23日は37・1度の微熱があり、濃厚接触者として検査を実施したところ、陽性と判明した。23日の時点で無症状という。

 26例目の男性は町外に勤務する団体職員で、21日は出勤し、22日も勤務し、会議にも出席。夜は9人が参加する会食に出掛けていた。23日時点で濃厚接触者は妻と2人の子どもの3人だが、会食参加者らが濃厚接触者に当たるかどうかなど、調査を進めている。

 27例目の男性も高鍋町内の自営業。不特定多数への接客を行うような業種ではないという。

 19日朝、地区内の清掃活動で県内23例目の男性と1〜2分程度の会話を交わした。その際、互いにマスクは着用していなかった。18、20日は通常通り勤務し、21日以降は自宅で過ごしていたという。

 濃厚接触者は妻と子ども3人の計4人。そのほかも調査を行っている。


その他の記事/過去の記事
page-top