【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

テレビ会議システム開通式

本紙掲載日:2020-07-14
1面
「みやざき子育て応援宣言式」と併せて開かれたテレビ会議システムの開通式(県庁)

県と市町村−子育て応援宣言も

 県と市町村とをつなぐ独立通信網のテレビ会議システムが整備され、13日に河野知事と各市町村長が参加しての〃開通式〃がオンライン上で行われた。

 同システムは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため人を集めての会議などが実施できなくなったため、早急に構築を検討。今後もなるべく接触を控えながら情報を共有し、遠方市町村から県庁などへの移動負担をなくす「テレワーク」にもつなげたいと、整備を進めてきた。

 一般的なインターネット回線とは異なる広域行政ネットワーク「宮崎情報ハイウェイ21」を使用し、情報管理の安全性を担保。全26市町村の会議室などに、職員が共有できるカメラ付きのパソコン端末を、全額県費で設置した。

 開通式は「みやざき子育て応援宣言式」と併せて開かれ、各首長らが順に、「子育ての幸せをみんなが実感できるまちを目指します」などと、目標を書いたパネルを掲げて宣言した。

 県はすでに庁内各部署や、県外を含む出先機関で同システムを使用。最大60端末をつないでの通信が可能で、今後は担当者同士の打ち合わせなど、通常業務で気軽に使ってもらうことにしている。

 河野知事は「システムを活用しながら、新型コロナ対策だけでなく危機管理体制も強化していきたい。市町村、県の職員にとっても働き方改革、より効率的な仕事の一助となるのではないか」と期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top