【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「逆方向」指示に満点回答−延岡星雲

本紙掲載日:2020-07-13
8面
【1回戦・延岡星雲―鵬翔】延岡星雲は初回、黒田が先制の右中間三塁打を放つ

県高校野球大会2020

 延岡星雲は投打で私立の難敵を上回った。これで初戦突破の連続記録を県内最長の10年に更新。就任7年目の森監督は「チームの力。2年前を考えるとたいしたもの」と、力を発揮したナインを手放しでたたえた。

 右打者9人が並ぶ打線が対したのは右横手の相手主戦。監督の指示は「(開かずに)外角を右中間へ」だった。

 先制攻撃から見事だった。緊張感あふれた初回。佐野が四球を選ぶと3番の黒田。「主将として、先制し勢いに乗せたい」。外のスライダーを捉えた打球は右翼手の左を抜いた。

 監督の指示に内容、結果ともに満点回答の三塁打。4番の島田も右犠飛で続き1安打で2点。六回には下位打線が逆方向を意識したゆえの快打で、さらに2点を追加した。

 守りでも、主戦の島田が打ち急ぐ相手打線に対し、緩いカーブを織り交ぜる。野手とともに丁寧にアウトを一つずつ奪っていた。

 1年生大会でのコールド大敗から始まった3年生7人の高校野球。それぞれが自分の力を出し切って、星雲の歴史をつないだ。

 主将の黒田は「雨の中、打撃練習を1年生が手伝ってくれて、2年生が試合を支えてくれた」と下級生に感謝。「次もどこからでも長打が出るうちの打撃で流れをつくりたい」と力強く語っていた。


◆支えられた−島田(141球で2失点完投)
「思っていた投球ではなかったが、打線がつながり、失策なく支えられた。秋は雨の中断明けに打たれて負けていたので、気持ちが途切れないよう言い合った。次もこの調子で初回から自分たちの野球をしたい」


◆次は最初から出塁を−甲斐椋(3安打の1番打者)
「初回に三振し、その後流れをつくってくれたので、切り替えて、とにかく出塁を心掛けた。次は最初の打席から出塁し、勢い付け、目標の3勝を目指していく」


◆逆方向でつなぐ意識−綾(適時二塁打含む2安打)
「走者がいたので、逆方向でつなぐことを意識した。投手を中心に守備から勝てる野球ができた。次も同じように守りから流れをつくり、少ない好機で点を取っていく」

その他の記事/過去の記事
page-top