【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

生徒有志が清掃奉仕

本紙掲載日:2020-07-13
2面
高圧洗浄機で神楽の石像を洗い流す生徒
道路沿いで除草作業をする生徒

高千穂高インターアクト部

◆雨の中、石像洗浄や除草

 高千穂町の高千穂高校(西依功校長、297人)の生徒有志でつくるボランティアクラブ「インターアクト部」の1〜3年生33人が12日、高千穂町内で清掃活動を行った。

 同部は昨年度、生徒が自主的に取り組むボランティア組織として設立。町役場の協力を得るなどして1、2カ月に1回のペースで活動してきた。

 設立メンバーだった3年生の卒業後も継続。今年度は44人の生徒が集まったが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、今回が今年度最初の活動となった。

 この日はあいにくの空模様の中、町中心部に設置されている神楽の石像を高圧洗浄機で洗い流したほか、高千穂神社から道の駅「高千穂」までの県道沿いで除草作業を行った。約2時間の活動で、石像は美しくなり、雑草は軽トラック約2台分が集まった。

 昨年度から参加している2年の工藤桃枝さん(16)は「ボランティアをするのが好きなので、活動を再開できてうれしい」。飯干怜美さん(16)は「雨で大変だったけれどきれいになったのでやりがいがあった」と話した。

 活動前の開会行事で、甲斐宗之町長は「自主的な活動で町に元気を与えてくれている。ありがたい」と感謝していた。

その他の記事/過去の記事
page-top