【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナで未曽有の窮状

本紙掲載日:2020-07-13
3面
河野知事に要望書を手渡す県市町村社協連絡協議会の厚地安会長

県内10福祉施設・団体

◆財源、人材不足など訴え

 県市町村社協連絡協議会の厚地安会長らが9日、県庁を訪れ、河野知事と県議会の丸山裕次郎議長に、県内主要団体からの「社会福祉施策に関する要望書」を提出。新型コロナウイルス感染症による未曽有の窮状を訴え、支援を要請した。

 要望書には同協議会をはじめ、社会福祉、民生・児童委員、社会福祉法人経営者、老人福祉サービス、障害者支援施設、社会就労センター、知的障害者施設、児童福祉施設、地域包括・在宅介護支援セーターの県協議会10団体が名を連ねた。

 各団体は少子高齢化や人口減に加え、虐待や社会的孤立、生活困窮など地域の課題が複雑・多様化する一方で、財源・人材不足は深刻化していると強調。そこに新型コロナが追い打ちをかけ、早急な対策が必要だと、国や県の施策立案や予算確保を求めた。

 このうち人材確保については、新型コロナに伴う失業者の社会福祉分野への雇用促進を要望。財源に対しては、来年度から施行される第4期県地域福祉支援計画で、地域の課題やニーズを着実に施策へ反映する予算の確保をお願いした。

 民生・児童委員は近年の一斉改選で約3分の1が退任し、過疎・高齢化に企業の定年延長・雇用継続も相まって担い手が不足しており、制度ややりがいの普及啓発を強化するよう希望。低所得者らへは資金貸付事業の相談支援体制強化、自立支援事業の安定運営に向けた予算確保を求めた。

 また、大規模災害時の福祉支援を災害救助法などに明記し、公費で応援派遣活動ができるよう国への強い働き掛けを要請。財源が乏しい県社協の基盤強化に向けた予算確保も訴えた。

 新型コロナの影響で、赤字運営が多いデイサービスなどは廃業が広がるとの懸念や、20・30代も多い社会福祉業界の衰退を危ぶむ団体代表者らに対し、河野知事は「社会福祉は生活を支える重要なインフラ。要望をしっかりと受け止め、役割を果たしていきたい」と応じた。

その他の記事/過去の記事
page-top