【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

上野小中で出張イベント−県総合博物館

本紙掲載日:2020-07-11
8面
恐竜の化石について説明を受ける児童
県総合博物館による出張授業「どこでも博物館」
神楽を基にした神楽体操も体験
台座の下からオオスズメバチの腹部を見学する児童

児童生徒、貴重な資料に興味津々−高千穂

 県総合博物館が地域の学校などに出向いて実施する出張イベント「どこでも博物館」が9日、高千穂町の上野小中学校(八源寺正弘校長、104人)であり、児童生徒が博物館職員の説明を受けながら貴重な資料の数々を観賞するなどした。

 どこでも博物館は、宮崎市の同博物館から離れた地域の人たちに資料展示や体験講座を行うことで来館のきっかけをつくろうと、2015年度から実施。今年度は同校を皮切りに、11月は日南市立図書館、12月は都城さくら聴覚支援学校で予定している。

 この日は、体長約2メートルのオオスズメバチやオオクワガタの大型模型、恐竜の化石、珍しい植物の標本、稚児よろいなど約70点の資料が展示され、会場の体育館は博物館に様変わり。3学年ずつ見学にやってきた児童生徒は、職員の説明を受けながら五つのコーナーを楽しんだ。

 恐竜の化石のコーナーでは、熊本県などで発見された化石について説明を受けた。また、オオスズメバチの大型模型は台座の下に潜ることができる仕組みで、真下からハチの腹部を見た児童は「筋肉がすごい」とびっくり。このほか、神楽を基にした神楽体操を楽しんだ。各コーナーで学芸員らに熱心に質問する姿も見られた。

 小学3年の工藤柚希さん(8)は「いろいろな物を見ることができて良かった。恐竜の歯は肉を食べるためにギザギザしていて面白かった」と話した。

 同博物館は8月31日まで、来年度に実施を希望する学校や公共施設などを募集している。問い合わせは同博物館(電話0985・24・2071)。

その他の記事/過去の記事
page-top