【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

花の力で元気に−願い込めたヒマワリ

本紙掲載日:2020-07-11
1面
吉玉百合子さん(中央)らが育てたヒマワリ畑(7日、延岡市柚木町)

体調崩した男性の畑に吉玉さんらが咲かせる−延岡市柚木町

 「一日でも早く元気になってもらいたい。そして家に帰って来た時、見てもらいたいな」

 そんな願いが込められたヒマワリが、延岡市柚木町で花を咲かせ、住民の心を和ませている。

 ヒマワリ畑となった一角は、体調を崩して施設に入所した近所の男性が所有する畑。隣接する畑で野菜などを育てる吉玉百合子さん(75)が、荒れていく畑の姿を見て、花を植えることを思い付いた。男性の親族に了承を得て、「明るい気持ちになれる」というヒマワリを花に選び、種を購入したという。

 30世帯ほどが暮らす柚木町は、住民が「仲がいい」と声をそろえるほどつながりの強い地域だ。

 百合子さんの思いに賛同した吉玉セイさん(88)、区長の杉本淑子さん(70)ら地域住民も草刈り作業など畑の整備を手伝った。「元気になって」というエールの気持ちを込めながら、1カ月ほど前に種をまいた。

 同じ時期に百合子さんが所有する畑にまいたヒマワリは、鹿に食べられて全滅したものの、みんなで整備した畑の方は順調に成長。「思いが伝わるのね。丈夫な種」と百合子さんが喜ぶほど、立派に育つと、鮮やかな黄色の花を咲かせた。地域住民だけでなく、近くの道路を使う人たちからも喜ばれているそうで、「楽しいし、うれしい」と百合子さん。

 種は、セイさん、杉本さんら数人にもお裾分けされたため、しばらくは町内のあちこちで楽しめそうだ。

 高齢化と共に休耕田の数が増えている同町。数年前からは菜の花を植えていたという。今後は、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋はコスモスなど、季節の花を植える予定で、杉本区長は「花の力をもらって元気になってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top