【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アオバズク再び飛来

本紙掲載日:2020-07-10
7面
旧福瀬小跡地のセンダンの木に飛来したアオバズク
校舎の壁面には、アオバズクをモチーフにしたアート作品

日向市東郷町・旧福瀬小

 日向市東郷町の旧福瀬小学校の正門横にあるセンダンの大木に、大きな愛らしい目の夏鳥アオバズクが姿を見せ、地域の人たちの話題になっている。

 福瀬区の前区長で、顧問を務める新名敏文さん(70)によると、つがいで飛来していることに5日、気付いたという。

 同校は2011年3月に閉校。その後も毎年飛来していたが、一昨年、昨年と姿を見せなかったという。「地区のみんなで寂しがっていましたが、帰って来てくれてホッとしています」と喜んだ。

 センダンの木の真向かいにある校舎壁面には17年11月、県立美術館の事業として、現代美術作家の谷山恭子さん(愛知県出身)が地域住民の協力で制作したアオバズクの大型アート作品もあり、しばらくの間は〃共演〃が見られそうだ。

 アオバズクは全長約30センチで、ハトより小さい小型のフクロウ。青葉の茂る頃に東南アジアから渡ってくることが名前の由来とされる。夜行性で夜に「ホッホッ」と2声を繰り返す。森林伐採や里山の開発などで生息数が減り、県のレッドデータブックで絶滅危惧兇吠類される希少な野鳥。

その他の記事/過去の記事
page-top