【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

西臼杵・3町の拠点が開所

本紙掲載日:2020-07-09
3面
テープカットなどが行われた「西臼杵子ども・障がい者ネットワークセンター」の開設式

子ども・障がい者ネットワークセンター

◆無料で相談、連携・直営、広域運営は県内初

 子ども、子育て、障害に関して西臼杵郡3町の総合的な相談・連携拠点となる「西臼杵子ども・障がい者ネットワークセンター」(水元清センター長)の開設式がこのほど、高千穂町三田井の同センターで行われた。

 同センターは高千穂、日之影、五ケ瀬町が共同で設置。障害者対象の相談機関「基幹相談支援センター」の役割もあり、同支援センターを自治体が直営、広域で設置するのは県内で初めて。

 同ネットワークセンターは、子どもの発達に関することや子育て、教育、障害に関する悩みや疑問などにセンター職員が無料で相談に応じている。

 必要に応じてソーシャルワーカー、保健師、臨床心理士らがチームで対応し、関係機関へとつなぐ。

 運営は4月からスタートしたが、開設式は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた。

 式には3町の町長や教育長ら16人が出席して水元センター長と3町長らがテープカット。水元センター長は「2年間の準備期間を経て設置された。子育てなど、さまざまな相談拠点を目指していきたい」。出席者を代表して甲斐宗之高千穂町長が「ワンストップの相談センターとしての設置。切れ目のない支援ができると期待している」とあいさつした。

 開所時間は平日の午前8時30分〜午後4時30分。問い合わせは同センター(筍娃坑亜Γ苅苅牽機Γ坑苅械押▲侫.ス高千穂82・2432、Eメールnnwc2041@outlook.jp)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top