【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ドライブスルーPCR検査

本紙掲載日:2020-07-07
1面

8日から運用−日向市

◆市郡医師会と4町村が協力−必要とされた人のみ

 新型コロナウイルスの検査態勢を強化しようと、日向市は同市東臼杵郡医師会と日向入郷医療圏の自治体(門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村)の協力のもと、検体採取に特化したドライブスルー方式の「PCR検査検体採取所」の運用を8日から始める。同市によると、県内自治体では初めての取り組みという。

 集約することで、医療従事者の飛沫(ひまつ)感染のリスクを減らすことが狙い。同医師会の要請もあり導入を決めた。

 採取対象者は同医療圏1市2町2村の住民のうち、日向保健所とかかりつけ医が検査が必要と判断した人。車を運転して検査会場に行ける人(同乗による来所も可)。

 検査日は毎週月・水・金曜日の午後1時から約1時間。同医師会の医師1人、看護師2人、事務職員1〜2人による輪番制で行う。

 車で来場した対象者の検体を採取後、県衛生環境研究所(宮崎市)へ従来通り送付することになる。1人5〜10分程度で済むことから、1日当たり5〜10人程度採取でき、翌日には結果が分かるという。検査料金は無料。

 開設場所は市有地で、プライバシーの問題や国の指針に沿って非公表。

その他の記事/過去の記事
page-top