【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

いざという時は早めの避難−県西臼杵支庁

本紙掲載日:2020-07-07
2面
模型を使って土砂災害について学ぶ押方小の児童

押方小で土砂災害防止教室−高千穂

 防災への意識を高めてもらおうと、県西臼杵支庁(岩切喜郎支庁長)は6日、高千穂町の押方小学校(興梠良治校長、28人)で土砂災害防止教室を開いた。九州の広い範囲で記録的な大雨による被害が確認される中、全校児童が土砂災害の恐ろしさや日々の備え、早期避難の大切さを学んだ。

 教室は、国交省が定める「土砂災害防止月間」(6月1〜30日)にちなんで実施した。

 この日は、講師として同支庁土木課の職員5人が訪問。スクリーンの映像や模型を使いながら、崖崩れ、土石流、地滑りが起きるメカニズムや土砂災害から身を守る方法などについて解説した。

 その中で、土砂災害の前触れとして「山鳴りがする」「崖から小石が落ち始める」「湧き水が増える」などを挙げ、「こうしたことが起きたらすぐに決められた場所へ避難してほしい」。また、ハザードマップについても紹介し、「日頃から家族と(いざという時に)どこに逃げるのか、どの道で逃げるのかを考えておいてほしい」と話した。

 6年の飯干仁喜さん(11)は「土砂災害がどのように起きるのか分かりやすく教えてもらった。土砂災害の前触れに気付いたら家族に伝えて避難したい」と話した。

7日は日之影町宮水小と五ケ瀬町上組小でも教室が開かれた。

その他の記事/過去の記事
page-top