【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

PCR検査、最前線を公開

本紙掲載日:2020-07-03
8面

コロナ検体、厳重包装で搬入−県衛生環境研究所

◆正確性を最重視、1日最大120件−「第2波」備え、体制を維持

 県は2日、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を行っている県衛生環境研究所(宮崎市学園木花台西)を報道陣に公開した。第2波が懸念される中、同研究所は「長期的に検査体制を維持できるよう人員体制の確保、試薬や防護服などの備蓄に万全を期していきたい」としている。検査の様子を写真で紹介する。

 同研究所は、厚生労働省と環境省に関係する衛生・環境の地方研究所。県の科学的・技術的中核として、行政部局、保健所などと連携し、調査研究、試験検査、研修指導、公衆衛生情報の収集・解析・提供を行う。

 テロに使用される可能性がある病原体を所持しており、感染症法により、3年に一度の立ち入り検査など厳格な管理が求められ、報道陣も消毒、検温、教育訓練の後、実際の検査を見学した。

 新型コロナのPCR検査は、微生物部の臨床検査技師が3人一組の3チームで実施。4月中旬のピーク時には、庁内別部署からの応援も受けた。

 新型コロナの検体は、各地の帰国者・接触者外来などの医療機関で採取され、県の職員によって研究所へ。その際、保冷材やジュラルミンなどで、万全の包装を施される。

 研究所では、検査体制に万が一にも支障がないよう微生物部以外の職員が受け取る。特に厳重な1階の病原体管理区域に搬入される。

 検査は大まかに3工程。まず、安全キャビネット等を備えた安全実験室で前処理。撹拌(かくはん)、希釈などでウイルスの粒子を破壊し、この段階で、感染力を失う。一方、この工程は感染リスクが高く、必ず実際に作業する検査員と、チェックする検査リーダーの2人で作業に当たる。

 その後、検体は遺伝子試験室から、遺伝子を抽出し、試薬と混ぜて増幅するPCR機器がある超遠心器室へ。判定結果は備え付けのパソコンでリアルタイムに分かる。今年3月には自動抽出装置を導入し、抽出作業の効率化が図られたという。

 今回の公開は「施設、実際の検査を知ってもらい、公衆衛生への理解を深めてもらう」のが目的。通常、3時間ほどで検査結果が出るが、研究所では検査精度を最重視。疑問点があれば、確定するまで再検査を行うという。

 研究所では今年2月14日以降、延べ1239件の検査が行われた。うち、感染者の退院前の検査を含め54件が陽性だったという(7月1日現在)。

 県内のPCR検査は現在、県衛生環境研究所で1日最大120件、宮崎市保健所で48件、都城市北諸県郡医師会で14件の検査が可能。延岡市夜間急病センター(24件)、宮崎市郡医師会(20件)でも整備が進んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top