【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

せきもと整形外科−7月3日開院

本紙掲載日:2020-06-29
2面
7月3日に開院するせきもと整形外科(日向市財光寺松立)

内覧会で施設をお披露目−日向市財光寺

 7月3日に開院する日向市財光寺の「せきもと整形外科」(関本朝久院長)で27日、内覧会があった。地域の人や医療、製薬、建設工事関係者らが訪れ、施設の完成を祝うとともに地域医療への貢献に期待を寄せた。

 診療科目は整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科。診療時間は午前8時30分〜午後0時30分(受け付け午前8時15分〜正午)、午後2〜6時(同1時45分〜5時30分)。休診は木曜と土曜の午後、日曜・祝日。ただし、祝日がある週の木曜については午後も診療を行う。初診予約は行わない。

 同院は鉄骨造り2階建てで、敷地面積2254平方メートル、延べ床面積494・23平方メートル。45台を収容する駐車場を完備する。

 関本院長(52)が、1992年から在籍した宮崎大学付属病院や関連病院と連携した診療を行い、ロコモティブシンドローム(ロコモ)の啓発や予防も推進。子どもから高齢者まで、幅広い年代の、それぞれ症状に応じた医療を提供していくという。

 腰痛や肩凝り、手足の関節痛、骨粗しょう症、関節リウマチ、スポーツ障害、一般外傷(切り傷、打撲、捻挫、骨折)などの整形外科疾患においては、日本整形外科学会の診療ガイドラインに沿った最善の医療を目指す。

 関本院長は「『笑顔・優しさ・思いやり』をモットーに、整形外科疾患に悩む方を、スタッフ一同全力でサポートしていきたい」と話している

 問い合わせは、同院(電話日向57・3330)。

【関本朝久院長プロフィル】日向高校卒業後、1986年に宮崎医科大学医学部(現宮大医学部)入学。98年、熊本大学大学院医学研究科修了(医学博士)。同大講師、宮崎大学付属病院整形外科医局長、副科長、准教授などを経て現在に至る。日本整形外科学会指導医・専門医、日本リウマチ学会専門医なども務める。

その他の記事/過去の記事
page-top