【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「みとり」の写真展

本紙掲載日:2020-06-03
6面

ドキュメンタリーフォトフェスティバル

◆10〜14日、宮崎市で開催

 人生を全うし、その旅立ちを家族や親しい人たちが見送る「みとり」を撮影し続けている写真家でジャーナリスト國森康弘さんの写真展をメインに据えた「第20回ドキュメンタリーフォトフェスティバル宮崎」が、10日から14日まで宮崎市船塚の県立美術館で開かれる。市民20人でつくる同実行委員会主催。

 國森さんは1974年生まれ。命の有限性と継承性をテーマに活動しており、海外では紛争地や経済困窮地域、国内では戦争体験者、野宿労働者、東日本大震災被災者を取材。滋賀や東北、東京などで、みとり、在宅医療、地域包括ケアの撮影に力を入れている。

 写真絵本シリーズ「いのちつぐ『みとりびと』」(農文協、全12巻)の第1巻で2012年度けんぶち絵本の里大賞。

 フェスティバルのメイン写真展は、写真絵本と同じ題名で100点を展示。また、國森さんが紛争地の子どもらを撮影した写真展「てのひらのいのちのともしび」(50点)を同時開催する。「みとりびと」の入場料は500円、高校生以下や障害者手帳所持者は無料。「てのひらの−」は入場無料。

 初日午後2時からは、國森さんの講演会が開かれる。入場無料だが、新型コロナウイルス感染予防で入場者を50人に限定するため、会場受付で整理券を受け取る必要がある。

 最終日午前10時からは、中・高校生や写真好きな人を対象にした小林順一さんの写真教室。材料費500円。参加するには事前申し込みが必要。

 同フェスティバルは当初3月下旬に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。写真展の観覧者数も同時に30人以上にならないよう入場制限が行われる。

その他の記事/過去の記事
page-top