【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

規律、資機材の扱い学ぶ−移動消防学校

本紙掲載日:2020-06-02
8面
ホースの取り扱いを学ぶ新入団員
規律訓練をする新入団員

新入消防団員が訓練−日向

 日向市移動消防学校が5月31日、市消防本部であり、市消防団(帆足武男団長)の新入団員25人が参加、規律訓練や機材の取り扱い方を学んだ。

 移動消防学校は毎年、現役団員と新人、女性団員を対象に実施している。現役団員はポンプ車などの操法訓練や水防工法訓練を行うが、今年は新型コロナウイルス感染拡大に考慮し、新人団員の訓練のみの実施となった。

 参加した団員に対し、市消防本部の松木生消防長は、近年の消防団活動は火災のみならず、災害対応や行方不明者捜索など多岐にわたることを伝え、「地域防災の要として頑張ってほしい」と呼び掛けた。

 帆足団長による講話では、消防の任務や消防団員の権限、消防団の現状などを説明。「周囲の協力、理解が無ければ団員活動を続けていくことはできない。仕事、家庭を大事にした上で、誇りと使命感を持って取り組んでほしい」と話した。

 その後、参加者は2班に分かれて、規律訓練と資機材の取り扱いの基礎を学んだ。規律では、敬礼や行進をはじめ、「気をつけ」の合図で背筋を伸ばして指をしっかり閉じること、基本姿勢時はかかとをつけて男性は足先を60度、女性は45度開くことなど基本動作の指導を受けた。

 機材の取り扱いについては、消防署員が指導。消防任務における機材の役割や常に使えるよう点検を行うことの重要性などを説明し、ホースの伸ばし方や巻き方を実際に体験した。

 第5分団18部に配属された那須優樹さん(23)は「ホースを伸ばすのが真っすぐできず難しかった。今後、しっかりと知識と技術を身に付けていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top