【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎牛、「おいしい」

本紙掲載日:2020-05-28
3面
宮崎牛を使った焼き肉サラダを味わう児童ら(県提供)
宮崎牛の給食(県提供)

給食で味わう−門川町の草川小と五十鈴小

 門川町の草川小学校と五十鈴小学校で25日、宮崎牛を使った給食が提供された。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、県畜産業への影響を緩和するための取り組みとして15日から、県内の公立学校で開始している。

 このうち草川小(平田哲校長、310人)では、郡司行敏副知事や県畜産新生推進局の職員ら10人が来校。5年生を対象にした食育授業では、宮崎牛が、全国和牛能力共進会で3大会連続「内閣総理大臣賞」を受賞していることや、国内のみならず海外でも注目されていることなどを紹介した。
 
郡司副知事は校内放送で「宮崎牛を一生懸命育ててくれる畜産農家さんが皆さんの周りにはたくさんいると思います。農家さんや牛に感謝しながら、おいしく給食を食べて、宮崎牛のことをおうちの人にも教えてあげてください」と話した。

 給食では、県産和牛を使った焼き肉サラダが振る舞われ、児童たちは笑顔で頬張っていた。

 盒鏡仔爐気鵝複暁)は「なかなか食べられない宮崎牛は、とってもおいしかったです。牛を育てている人たちはすごいと思いました」とニッコリ。給食を食べる児童の様子を見ていた郡司副知事は、「子どもたちの笑顔が町を元気にし、経済を動かす原動力だと再認識した。この取り組みにより、農家の人たちにもエールを送りたい」と話した。

 県は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、国庫補助事業「和牛肉など促進緊急対策事業」3億円を計上。来年3月末までに県内全市町村の小中学校で、宮崎牛やマンゴー、地鶏肉など県特産品を使ったメニューを提供する。

その他の記事/過去の記事
page-top