【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最大限に「学びの保障」を

本紙掲載日:2020-05-22
3面

25日授業再開で県教委学校対応

◆行事削減・縮小で授業確保−第2波に備えタブレット端末を

 県教委は21日、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言に伴い臨時休校中の県立学校について、通常授業が再開する25日からの対応を公表した。市町村教委にも参考とするよう伝えた。

 教育活動は〃密集・密閉・密接〃を避ける「新しい生活様式」を取り入れ、最大限に児童生徒の「学びの保障」に努めることとし、授業時間の確保を最優先する。全員マスク着用を原則とするが、体育の授業では十分な呼吸や熱中症に考慮して不要とする。座席間隔を開けるなどの感染防止策は各校からの提案を集約している。

 授業時間は、中間テストや家庭訪問、全校集会などの行事削減・縮小を含めた見直し、夏休みや冬休みの短縮、土曜授業など、各校の工夫で確保。不足する授業時間は、臨時休業となった4月21日からの20日分だが、登校日扱いとした今週分の学習は実質的に授業と見なし、これまでに実施できなかった遠足などの行事時間は除くため、無理なく取り戻せるという。

 一方、今後は社会全体が新型コロナと長期間〃共生〃していかなければならないとの認識を前提とし、遠隔で学習指導できるタブレット端末の確保など、感染拡大の第2波、第3波による再休校にも備える。家庭のネット環境状況も調査中という。

◆部活は段階的に緩和

 部活動も再開するが、今月いっぱいは慣らし期間とし、活動は平日のみで、うち1日以上の休養日を設定。運動部、文化部とも1日2時間以内、活動場所は校内か学校管理施設のみとし、柔道やラグビーなどだけでなく身体接触を避け、合同練習や対外試合など他校との交流も認めない。

 6月からは土日の実施や、県内に限り校外での活動が可能となるが、平日は2時間程度、土日は3時間程度とし、週2日以上の休養日を設ける。身体接触や他校との交流も引き続き行わないが、施設が限られる競技や人数不足で日ごろから合同で練習している場合は複数校での活動を認める。身体接触などの対応方針については、スポーツ庁や文化庁、各競技団体から近く通知される予定。20日以降は宿泊を伴わない他校との交流を認めていく方針で、6月上旬に発表するという。

 教育政策課は「場合によっては今月30、31日で3年生の送別行事を考えている学校もあるかもしれないが、校内での紅白試合などであれば柔軟に対応したいので、ご相談いただきたい」としている。問い合わせは同課(電話0985・26・7234)。

その他の記事/過去の記事
page-top