【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

国の定額給付金−担当部署大忙し

本紙掲載日:2020-05-22
3面
他部署からの応援職員も確保して行われている特別定額給付金の処理作業(22日、日向市役所)

休日返上も処理量が急増−日向市

 国の「特別定額給付金」の窓口となっている日向市の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策支援室(黒木紀代室長、9人)が、申請書処理業務のため多忙を極めている。

 同室は4月20日、国の緊急経済対策に盛り込まれた特別定額給付金の事務処理や市民からの相談などに対応するため発足した。

 担当職員らはゴールデンウイークや土日なども休日返上で対応し、郵送による受け付け開始後はさらに事務処理量が急増。現在は職員課から各部長に依頼し、担当職員とは別に応援職員50人程度を確保。応援職員らは、通常業務終了後の夕方から処理作業に当たってきたが、21日からは受け付けがピークを迎えたこともあり、新たに庁内に広めの2会場を借り切り、昼間の処理もスタートした。

 同市の特別定額給付金の対象世帯は2万9100世帯。20日にはオンライン申請も含め、受け付けが最多の約8300件あり、21日も約5600件だった。21日までの給付額は1億6800万円。金融機関への依頼済みは5480万円となっている。事務処理のピークは6月初旬まで続くとみられるという。

 黒木室長は「一日も早く市民の皆さんの手元に給付金が届けられるよう、金融機関のご協力も得、処理業務に努めている。本人確認書類や通帳のコピーなど、必要書類に不備があると処理が遅れる。申請に際しては不備、間違いのないよう理解と協力をお願いしたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top