【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

全中大会中止−「高校生になって全国に」

本紙掲載日:2020-04-29
9面

失望も前向く選手たち

 全中の中止が正式に決まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催は
厳しい情勢だったとはいえ、大舞台を目指してきた選手の失望感は計り知れな
い。

 昨秋の県大会では、バレー男子で南、剣道女子で高千穂、相撲団体で延岡な
ど、八つの団体競技で県北勢が優勝。ほかにも個人、団体ともに複数の競技で
上位入賞しており、今夏の全国大会出場、全国での上位入賞を目指してきた。

 昨夏に団体戦でアベック優勝した東海中柔道部も、活躍が期待されていた実
力校の一つ。昨秋の女子個人で県大会を制した岩永里穂主将は、部活動休止の
期間中も個人で走り込みなど続けてきたという。

 中止の可能性が高まった時期について「苦しかった」と振り返ったが、コー
チや家族から励ましの言葉をもらい、「高校生になって全国大会に出場し、家
族を連れていきたい」と切り替えた。主将として「同級生には次の目標に向か
って頑張ろう、後輩には時間があるから私たちの分まで頑張ってと伝えたい」
と話した。

 県大会で団体、個人の2冠が期待される工藤悠祐副主将は「今年は、自分が
全国でどこまで行けるのかを試したかったので残念」と悔しがる。「高校生に
なるので、まずは先輩たちに負けないよう頑張りたい」と前を向いた。

 外部指導員の江良誠さんは「秋の大会後、それぞれが(練習に加えて)トレ
ーニングを希望するなど夏に向けていい練習ができていた。3年生や保護者の
ことを考えるとかわいそう」。部活動休止中も自主練の報告などが保護者を通
して届いていたという。「目標がなくなった部分が大きいが、高校もある。腐
らず頑張ってほしい」とエールを送った。

 昨秋の県大会を10年ぶりに制し、全国制覇を目標にしていた尚学館中男子
バスケットボール部の内村昌弘監督は、「高い志を持って(県内各地から)入
学してきた部員がほとんどで、喪失感は計り知れない。無力さを感じている」
と肩を落とす。「学生スポーツは中止になったら二度とその大会には出られな
い。ある意味でオリンピック選手よりつらいのではないか」と選手らを思いや
った。

 県中学校体育連盟は、県の方針について「今は会議を開いている段階で何も
決まっていない。話し合いを重ね、今後決めていく」とした。判断時期につい
ても現段階では未定という。県大会は7月11日〜27日(メインは24日か
ら)、九州大会は8月3〜10日に予定されている。

その他の記事/過去の記事
page-top