【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県内経済3団体が緊急要望

本紙掲載日:2020-04-23
3面
河野知事に緊急要望した米良会長(中央)ら=22日、県庁

知事、連休明けには届く支援策を

 県商工会議所連合会(米良充典会頭)など県内経済3団体は22日、河野知事に、新型コロナ禍で苦しむ中小企業の支援に関する緊急要望を行った。河野知事は、補正予算での経済対策について今月末までに議決し、「連休明けには、安心感を持っていただけるような支援策が県民に届くようにしたい」と明言した。

 県総合政策課などによると、今月14日の県ホテル旅館生活衛生同業組合の調べで、県内での宿泊キャンセル総人数は19万人超。そのほかすべての業種で、売り上げのめどが立たず、資金繰りが急激に悪化しているとしている。

 米良会頭、県商工会連合会の淵上鉄一会長、県中小企業団体中央会の堀之内芳久会長が訪れ、米良会頭は「国の施策を待っていられない切羽詰まった状況。スピード感を持った対策を」と訴えた。

 要望書は緊急事態宣言の拡大で、地域経済への打撃はさらに深刻に。中でも足腰の弱い中小企業、特に宿泊や飲食など廃業の危機に直面している事業所もある。事業所からは、国の緊急経済対策を待てない、間に合わないという声が多く寄せられているとした。

 具体的には、‥面の危機回避のため、県の緊急対策として小規模事業所を支援する事業の創設∋業が迅速に実施される仕組みの構築収束後、経済団体の意見も踏まえた抜本的な地域経済対策の構築―の3点を要望した。

 河野知事は報道陣に対し、「未知の体験に対する危機管理が求められている。今が大変だという、県民の不安、不満、ストレスは真摯(しんし)に受け止め、向き合っていきたい」。休業要請とその補償、協力金など他県で示された支援策については「感染状況と、(休業要請を解除する)出口戦略を考えると、本県では難しい。別の策で支えたい」と説明した。

 また、今回の要望に対しては、「国の制度よりスピード感を持って、実施に移したい。経済団体とも協議しながら、その準備は積み上げてきている。情報提供も含め、迅速に行っていきたい」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top