【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

芭蕉句碑祭合同俳句大会−特別賞に杉本さん

本紙掲載日:2020-04-08
8面

実行委−特選・入選句を発表

◆崩落の石に番号城の春

 第46回芭蕉句碑祭・合同俳句大会実行委員会(実行委員長・赤藤忠延岡若鮎俳句会長)は5日、大会に向けて募った俳句から特選、入選句を選んで発表した。特別賞の県俳句協会会長賞は、杉本淑子さん(暖俳句会)の「崩落の石に番号城の春」が受賞した。

 今回は延岡市内の各俳句会会員や俳句愛好家81人から324点の投句があり、6人の選者がそれぞれ特選1点と入選10点を選んだ。

 大会は内藤家とゆかりのあった俳聖・松尾芭蕉の遺徳をたたえるとともに、市の文化振興を目的として毎年開催している。今回は5日に市社会教育センターで予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とし、特選、入選句を発表する形を取った。

今回は5日に市社会教育センターで予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった。


◆赤藤忠選
【特選】
観客の無き春場所の柝の音かな・高田鈴子

【入選】
襟足の細き白さや花衣・河野正
更新も今度までかなクローバ・本吉恭子
転けそうで転けずに生きて木の芽風・杉本淑子
人は皆泣いて生まれるしゃぼん玉・松元裕子
春障子読みさしの本開きけり・佐藤和寛
芽吹く樹を抱けば鼓動の伝わり来・白川育代
春禽の餌場に序列ありにけり・堀田和彦
更衣天地無用の荷をほどく・甲斐小夜子
春日燦点字ブロック鮮明に・西崎五葱
忘却も生きるコツなり花大根・吉岡由美子

◆小林千穂子選
【特選】
のどけしや百歳体操十五人・戸上ナミ子

【入選】
解かる家幾年月の春知るや・本吉恭子
崩落の石に番号城の春・杉本淑子
閉校の八戸小学校や春の虹・緒方天外
病院も寺も近所よ花通・稲田登美子
跳び箱の踏み板パンと木の芽晴れ・藤原理恵子
五七五五七五と青き踏む・浜砂三種
今日からは仏間となりし春障子・川添起己子
蓬母の色から吾が色へ・佐藤房子
福寿草に気づきし朝の目覚めよき・柳田幸男
静かなり水仙香る父母の忌よ・花畑志保子

◆甲斐恵山選
【特選】
茎立の草を引き寄す牛の舌・佐藤房子

【入選】
解かる家幾年月の春知るや・本吉恭子
崩落の石に番号城の春・杉本淑子
転けそうで転けずに生きて木の芽風・杉本淑子
独り居は慣れても淋し花の昼・稲田登美子
長命も短命もまたしゃぼん玉・山本妙子
ふんわりと迎ふミモザや手芸展・新名いち子
春一番心の迷い払いたり・吉岡綾子
春耕やなわてで昼餉若夫婦・西崎五葱
ひこばえやアナログが好きこれからも・三角千里
げんげ田や並んで帰るランドセル・矢野伸行

◆金丸綾子選
【特選】
人は皆泣いて生まれるしゃぼん玉・松元裕子

【入選】
囀にはじまるひと日鍬を打つ・井田栄子
花辛夷素直に言へぬありがとう・松元裕子
鋏だこは床屋の誇り松の芯・甲斐政之
雛あられ供えてありぬ位牌堂・稲田登美子
灯りない家のまた増え春寒し・白川育代
夫婦とは騙しだまされ花満開・吉田泰子
春耕やなわてで昼餉若夫婦・西崎五葱
女中部屋残る旧家や建国日・宮本由美子
巣立つ子に所望されたる電気釜・高田鈴子
ふるさとも都会も少子化春よ来い・柳田幸男

◆森山淳子選
【特選】
今日からは仏間となりし春障子・川添起己子

【入選】
崩落の石に番号城の春・杉本淑子
トロ箱に挿す苗札や花曇り・稲田登美子
立春や金のなる木に花満開・新名いち子
春の海銀の扇を開くごと・岩田典子
音訳す旅の情報春めけり・山崎キヌ子
狛犬は逆立ちしたり節分会・森山栄子
かたことの電話でばあば桃の花・吉田倫子
麦秋や居残り化学実験室・甲斐小夜子
霞立つ山借景の朝餉かな・赤藤雍子
耳もとに雨水のごとき京言葉・吉田征子

◆岸上玲子選
【特選】
崩落の石に番号城の春・杉本淑子

【入選】
雲梯の順を待つ子や梅三分・井田栄子
啓蟄や屋根葺き替えの見積書・堀田和彦
立春の護符のはみ出す回覧板・森山栄子
暖かやこはごはとやる山羊の餌・藤原理恵子
スクラムは再起の基点春の虹・安東實
春めくや子牛駆け寄る通学路・小川公子
うららかや誕生につく歯型・安在三重子
尾根一つまたひとつ越え梅の花・下村ゆかり
今日からは仏間となりし春障子・川添起己子
亀鳴くや見様見まねの太極拳・矢野伸行


その他の記事/過去の記事
page-top