【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小中学校の再開、6日に最終判断

本紙掲載日:2020-04-04
3面
患者の確認を受け今後の対応などを発表する読谷山市長(3日午後4時すぎ)

公共施設とイベント−24日まで原則中止を継続

◆読谷山市長が会見−3日、延岡市

 延岡市に住む50代男性の新型コロナウイルス感染確認を受け、市は3日、現在実施中の公共施設の臨時休館や、主催イベントなどの原則中止の方針を継続するとともに、市立小中学校の再開について6日に最終判断すると発表した。読谷山市長が会見で明らかにした。

 県内4例目となる市内居住者の感染確認の県からの連絡を受け、延岡市は同日午後2時から、市役所で市長を本部長とする感染症対策本部を開催し、今後の対応方針や感染防止の強化対策などを協議した。

 公共施設の臨時休館などの対応については、市は現在、感染症患者が隣接する大分、熊本県などで確認されたのに伴って、今月24日までを期限に市内ほぼすべての公共機関の臨時休館と、市主催のイベントなどの原則中止の方針を実施していることから、この現状を継続するとした。

 また、小中学校再開に関しては、7日から再開する予定にしているが、今後の情報把握や状況確認などを行った上で、6日午前中に教育委員会を開いて最終的に判断する考え。再開日を延長する場合は、子どもの居場所などについて改めて検討するという。

 さらに感染防止対策を強化するため、市役所では職員のマスク着用やアルコール消毒液の出入り口設置など従来の対応に加え、新たに一人の窓口対応が終わるごとのテーブルやカウンターの消毒や部屋の換気回数の増加、職員の毎朝の熱の測定と症状がある場合の休暇取得を徹底する。

 市民や事業所に向けては、手洗いやうがい、せきエチケットなど感染予防対策の徹底や、3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避ける要請などに加え、感染者が多数発生している地域への不要不急の訪問自粛や、従業員の毎朝の熱測定と症状がある場合の休暇取得などを徹底するよう協力を求めている。

 県の発表を受け、読谷山市長は「県外の感染者宅に滞在し、延岡に戻ってきて感染が確認された事例との発表で、必ずしも多くの人に接触していないのではないかと思っている。市民の皆さんは冷静に落ち着いて判断してほしい」と述べ、感染防止対策の徹底を呼び掛けていた。

その他の記事/過去の記事
page-top