【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3日、新たに4人−延岡市内の50代男性

本紙掲載日:2020-04-04
1面
県内4例目の感染者発生を説明する河野知事(3日午後、県庁)

新型コロナウイルス県内4〜7例目

◆宮崎市内で3人感染確認

 県は3日午後、県内4例目となる新型コロナウイルスの感染者を延岡市内で確認したと発表した。さらに同日夜になって、宮崎市が、同市在住の40代女性と県外の高校に通う10代女性、東京都在住の50代男性の3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これで県内の感染者確認は3月4日確認の1例目から7例の7人となった。(関連記事2、3面)


◆延岡市内男性
東京から帰宅後、外出せず−1人暮らし、集団感染疑いの状況なし

 延岡市在住の50代男性が新型コロナウイルスに感染したことを受け、県は3日午後3時から河野知事が会見した。県内での発生は4例目。同日午前11時30分ごろに陽性が判明した。男性は3月23日まで友人宅に滞在した東京都で感染した可能性が高く、県内でも受診以外には一切外出していないとして、集団感染が疑われる状況にはないとの見方を示した。

 男性は無職の1人暮らし。既往歴はなく、症状は安定しているという。河野知事は、改めて東京や大阪など感染拡大地域への不要不急の往来を自粛するよう呼び掛けた。

 航空会社と連携し、搭乗した飛行機で近くに同乗した人の確認などを急いでいるが同日時点で、濃厚接触者はいない。

 県健康増進課によると、男性は19日に宮崎をたち、23日まで東京都の友人宅に滞在した。23日、成田空港から宮崎空港に戻り、延岡市内の自宅に自家用車で帰宅。同日夕、自宅で37・1度の微熱があった。

 24日、最高38度の発熱があり、同市内の一般医療機関を受診。現在、新型コロナの感染拡大を防ぐため、インフルエンザ迅速検査は中止されており、医師の判断でインフルエンザ薬が処方されたという。

 その後、筋肉痛やせき、味覚障害の自覚症状はあったが、27日には平熱に戻っていた。

 4月2日、延岡保健所に対し、東京都から連絡。東京での滞在先の友人が1日に新型コロナの陽性と判明し、男性が濃厚接触者であると伝えられた。

 県福祉保健部は「発症翌日に高熱が出ている。その時点で東京に行ったことは確認できておらず、当時の状況からもインフルエンザとした最初の医療機関の診断は妥当」と強調。今回の事例から、国内でも感染拡大地域での滞在歴などに県民や医療機関がより敏感になるのではとした。

 河野知事は「一日も早い回復を祈り、診察、治療に尽力する医療機関の関係者に感謝したい。改めて、手洗い、せきエチケット、三つの『密』を避けることを徹底し、感染拡大地域に滞在歴がある方は特により一層の注意を」と話した。

◇濃厚接触者なし

 男性は延岡保健所の健康調査で頭痛、味覚障害、嗅覚障害、食欲不振を訴えたため、延岡市内の帰国者・接触者の専門外来を受診。その後、3日に陽性が判明し、同日午後、市内の感染症指定医療機関に入院した。

 男性は受診の際も自家用車で1人で移動し、マスクを着用していたという。
延岡市内では最初に受診した一般医療機関の医師、看護師、受付事務の3人が男性と接触。互いにマスクを着け、短時間であったことから、濃厚接触者とはしなかったが、健康観察への協力を求める。

◇教育活動に方針変更なし

 延岡・西臼杵郡地域が「感染確認地域」となり、県主催のイベント、県有施設は感染対策を徹底の上、状況に応じて実施または開館という扱いになる。1日に再開した県立学校の教育活動については、現時点では延岡市内を含めて方針の変更はしない。

その他の記事/過去の記事
page-top