【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

おうちde花育−推進協、応募者に花届ける

本紙掲載日:2020-04-03
7面

コロナ禍で価格低迷

◆花を飾って、生産者を支えよう

 家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「みやざき花いっぱいプロジェクト2020」の一環として、「みやざき花で彩る未来」推進協議会は、自宅や児童クラブで「花育」を希望する児童・生徒を3月16日から募集した。23日で予定総数(200セット)に達し、27日から発送された。

 「おうちde花育」と名付けられたこの取り組みは、最盛期を迎えた県産の花が、新型コロナウイルス感染症によるイベントの中止等で、価格が低迷していることが背景にある。自宅で花に触れることで、心を癒やし、季節感を醸し、部屋を華やがせる花の力を知ってもらうとともに、生産者を支えようと企画した。

 同協議会によると、2千円相当を1セットとして、県内11の協力生花店を通し、155の家庭と5施設に届けた。

 このうち、延岡市塩浜町で放課後等デイサービス事業を行う「エール」(角隆一園長)では27日、同市中川原町の「岡田花店」から、ラナンキュラス、スイートピー、ガーベラなどが届けられ、小学生から高校生までの利用者と職員40人が花に触れた。

 職員の芝村美由紀さんによると、同社は数年前から岡田花店の協力で花育に取り組んでおり、2019年度は12月に実施済みだったが、県の募集を知って応募した。子どもたちは、冬とは違う花に「この花の名前は?」などと興味津々な様子で取り組み、15〜20分で生け花を完成させた。

 子どもたちは、色鮮やかな花々に、おやつの時間を忘れるほど集中。完成した生け花を「お母さん喜ぶかな」「びっくりするかな」と言いながら眺め、迎えに来た保護者も、わが子の作品に感嘆し、喜んでいたという。
(写真はすべて同社提供)

その他の記事/過去の記事
page-top