【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎大学が最高賞

本紙掲載日:2020-03-28
3面
農林水産大臣賞受賞を知事に報告した宮崎大の池ノ上克学長(前列左から2人目)

持続可能な農業推進コンクール・県内初の農水大臣賞

 宮崎大学は、「未来につながる持続可能な農業推進コンクール(GAP部門)」で最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。県庁でこのほど、河野知事に受賞を報告した池ノ上克学長は「県の担当職員や県民の皆さんのおかげ」とお礼。同賞の受賞は教育機関としても県内でも初めてという。

 コンクールは農林水産省が主催。前身の環境保全型農業推進コンクールとして1995年から実施され、2017年にGAP(農業生産工程管理)部門が新設され、現名称になった。

 同大は11年、国内の大学で初めてJGAP(青果物)認証を取得。14年には畜産部門で国内初のグローバルG・A・P・認証を得て現在、いずれも認証を継続している。

 GAP教育プログラムを実施し、267人の学生がJGAP指導員資格を取得。県GAP指導員養成研修に全面協力、県や市町村、JAの職員ら500人以上の指導員を養成してきた。

 これらの取り組みが評価され、池ノ上学長は「県とのコラボが認められた」。河野知事も「本県にとって重要な農業で、全国をリードする活動は心強い」とお祝いした。
 
 表彰は9日付。新型コロナウイルス感染症の影響で表彰式が中止されたといい、酒井正博農学部長は「江藤(拓)大臣から直接、表彰状をいただきたかったが、農水省の職員の方に直接持参いただいた。これからも県や県民と力を合わせて、農業を推進していきたい」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top