【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

幕内返り咲きに手応え

本紙掲載日:2020-03-24
3面
11勝目を決めた琴恵光の活躍に沸いた「ちゃんこ松恵」(22日午後、延岡市山下町)

琴恵光の実家ちゃんこ松恵

◆11勝に喜ぶ後援会関係者ら

 大相撲春場所千秋楽のあった22日、延岡市山下町にある琴恵光の実家「ちゃんこ松恵」では、父正倫さんと母多美さん、後援会関係者らが取組を見守った。十両優勝こそ逃したが、11勝の2桁の勝ち星に後援会の人たちも来場所の幕内返り咲きに大きな期待を寄せた。

 春場所を締める白鷹山との勝負は土俵際でもつれた。軍配が相手方に上がると、テレビ観戦の両親らは納得のいかない表情。すぐに物言いとなり、協議する様子を見守った。結果は、行司差し違え。琴恵光に軍配が上がると、琴恵光の足が残っていたと信じていた後援者らは「やったー」と喜びの声、ハイタッチも続いた。

 一時は十両の優勝争いのトップを走り、最後まで絡んだ琴恵光だったが、千秋楽は先に取組のあった同部屋の琴勝峰が12勝目を挙げて優勝。この時点で琴恵光の優勝はなくなったものの、弟弟子の活躍に拍手を送るなど健闘をたたえていた。

 正倫さんは場所前に、琴恵光から「体調は万全」と伝えられていたことを明かし、「9連勝した時点でこのまま負けなしでいけるかと思っていたが残念。十両優勝は逃しましたが、最後までファンの皆さんに喜んでもらえたと思う。応援してくださった方々に、本人に代わって心から感謝申し上げます」とお礼を述べた。

 今場所について、正倫さんは「11勝を挙げたことで底力が垣間見えたと思う。黒星を喫したのは初顔ばかりで、小兵に翻弄(ほんろう)されて、自分の相撲が取れなかった部分があったが、次回はそれを修正できると思う」と期待を込めた。

 多美さんも、「今場所はよく体が動いて、〃乗っていた〃ようでした。十両に下がったことでさらに努力したようで、その意気込みが見える場所でした」とほっとした表情だった。

 後援会事務局長の岩切隆徳さんも固唾をのんでテレビ画面に見入った。終わってみれば2桁の勝ち星という結果に、「先場所は故障もあったが、食事が十分に取れず体重が減ったことが大きかったようだ。今場所前には体重も戻り、『任せてください』と自信たっぷりのメールが来ていました。また、元気な姿をNHK総合テレビで地元の皆さんに見せてくれることを願っています」と目を細めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top