【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域の防災力向上へ

本紙掲載日:2020-02-25
2面
目録を受け取る小柚木区の宮良区長

自主防連協33組織に発電機一式贈る−延岡

 延岡市自主防災組織連絡協議会(吉田敏春会長)は20日、市内の33組織に防災用資機材として発電機一式を交付した。

 同市野地町の市消防本部で交付式があり、吉田会長が小柚木区の宮良信道区長に代表で目録を贈呈。「日ごろの防災講話や防災訓練などで資機材を十分に活用し、いざという時にちゅうちょすることなく使用してほしい」と呼び掛けた。

 受領者を代表して、宮良区長は「防災資機材は大変心強く、大いに役立つ。自分たちの地域は自分たちで守るという意識を高め、共に助け合って地域の防災力向上を図る」と謝辞。同本部の深田勇志次長は「市内では自主防災組織が精力的に活動し、災害への備えは着実に進んでいると感じる。活動が低迷している組織についても本部で啓発するとともに、皆さんからも合同で防災訓練をするなど声掛けをお願いしたい」と述べた。

 防災用資機材の交付は2014年度に始まり、今年度の33組織を含め164組織が受領している。今回交付されたのは、最大出力900ワットの発電機、容量20リットルのガソリン携行缶、充電・AC電源兼用の投光器。
市内の自主防災組織は現在、278組織、結成率は82・7%。

 資機材の交付を受けた自主防災組織は次の通り。

須佐町区、西長浜北区、上伊形区、山月1区、構口2区、野地区、北方町二股、小峰区、大門区、岡富町区、昭和町1区、西小路区、若葉北区、下三輪区、土々呂町東浜区、同町中村2区、鹿小路区、祝子2区、石田区、川島1区、若葉南区、北一ケ岡北区、出口町区、北川町熊田、同町家田、出北2区、北古城区、北浦町浜中区、北方町北久保山、同町南久保山、小柚木区、川島町3区、北新小路

その他の記事/過去の記事
page-top