【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新しい鳥居2基設置

本紙掲載日:2020-02-25
3面
約10人がかりで組み上げた鳥居を設置した
丁寧に塗装するボランティア

昨年9月竜巻被害、夏田山扇森稲荷神社

◆子どもたちやボランティアが作業

 昨年9月に発生した竜巻の被害を受けた延岡市夏田町にある夏田山扇森稲荷神社の参道で24日、新しい鳥居2基の設置作業があり、参加した同神社の関係者や地元の子どもを含むボランティア約10人が、組み立てや塗装などに汗を流した。

 鳥居は20年以上同神社の維持、管理を行う山添到さんや松井隆文さんらが中心となり、約1カ月かけて制作。この日は松井さんの指示を仰ぎながら、市内の企業から奉納された2基を延岡商業野球部グラウンド付近の参道に設置し、塗装した。

 これまで同神社には、市内外から多くのボランティアが集結し、復旧作業を進めてきた。その傍ら、氏子総代の後藤福一さんはクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げ、活動の様子を振り返る写真展も開催している。

 今後はクラウドファンディングで奉納された4基のうち、3基を3月4日の初午(はつうま)祭までに設置する予定。後藤さんは「まだ途中だが、ここまでこれたのは心優しいたくさんの方のおかげ。感謝してもしきれない」と語っていた。

 なお、エンクロスで開催していた復興の記録をたどる写真展、クラウドファンディングのプロジェクト「初午祭〜地域を護(まも)ってきた神坐(かみいま)す山『なったんおいなりさん』の復興を届けたい」も25日まで開催された。

 関連イベントとして3月4日午後7時から駅前複合施設エンクロスで、復旧作業に参加したボランティア団体「ロハス南阿蘇たすけあい」(熊本県南阿蘇村)の井出順二理事長による講演会もある。無料。希望者はエンクロス(電話延岡20・3900)。

◇3月4日午前10時から初午祭

 五穀豊穣(ほうじょう)、商売繁盛、家内安全などを願う初午祭は3月4日午前10時から「復興への祈りと感謝をこめて〃なったんおいなりさん〃」をテーマに同神社で開かれる。

 山頂の境内で同10時から所願成就を願う神事があり、尾崎神楽保存会が神楽を奉納。その後、餅まきと菓子まき、そばとうどんの振る舞いが行われる。

 後藤さんは「今年は開催できないと思っていたが、これも多くの方の支えのおかげ」と感謝。「参道入り口から境内に着くまで約20分かかるが、景色を眺めることも復興過程を見ることもできる。ぜひ、遊びに来てほしい」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top