【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「めざせ健康長寿」延岡市で開催

本紙掲載日:2020-02-25
1面

表彰式や講演−最優秀賞に北川町飛石区

 「めざせ健康長寿!inのべおか」が24日、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センターであった。市民ら約500人が参加。健康長寿活動の表彰式や医療に関するパネルディスカッション、特別講演などを通じて健康を考えた。延岡市健康長寿推進市民会議と同市主催、厚生労働省共催。

 健康長寿のまちづくり優良団体などの表彰式があり、最優秀賞に選ばれた北川町飛石区(竹林国興区長)、優秀賞の恒富町区レクダンス教室(鵜島孝幸区長)、平原町西区(高橋忠彦区長)、土々呂町中村一区(田上治彦区長)、桑平町区(岩谷克二区長)が表彰状を受けた。

 飛石区は、延岡市と合併する以前から専門部を組織して健康づくり活動を展開。22年にわたって開く男性料理教室など特色ある熱心な取り組みや、区内の名所・旧跡を発掘して回るウオーキング大会を昨年度から始めるなど、健康づくりへの積極的な姿勢が評価された。

 パネルディスカッションは、MRTラジオパーソナリティーの川野武文さんと坂井淳子さん、大貫診療所院長の榎本雄介医師が、上手な医療のかかり方について意見交換。適切な医療機関の利用などを強調し、榎本医師は「医療はみんなで守るもの。互いの価値観を理解し、信頼関係を結ぶことが大切」と話した。

◆タレント原さんががん治療の体験を講演

 続いて、女優・タレントで婦人科がん患者会「よつばの会」代表の原千晶さんが、「がん治療から10年〜私のこれまでとこれから」をテーマに特別講演。原さんはテレビなどで活躍する中、子宮頸(けい)がんを患い、闘病した経験からイベントや講演会で検診受診の大切さを訴えている。

 原さんは、体の不調を感じながらも病院を受診しなかったことや、手術後の通院を自分勝手な判断で途中でやめたことでさらに悪いがんに進行させてしまい、家族や周囲に迷惑や心配をかけたことなどを紹介。「自分の体を自分で守ることが、愛する人の笑顔を守ることになる」と検診の受診を訴えた。

 健康長寿推進市民会議は、2010年4月に地域や学校、事業所、市民団体、専門機関、行政などの代表者らで設置。同12月に行動計画(10年間)を策定し、市民の健康長寿への理解や意識啓発、市民運動の活性化などを目標立て、全市的な「健康長寿のまちづくり市民運動」を展開している。

 市は先月、明治安田生命との間で、市民の健康増進・サービス向上などにつなげるため、健康づくりやがん対策、その他さまざまな活動に取り組む連携協定を結んだ。特別講演は協定締結を記念して開かれた。

その他の記事/過去の記事
page-top