【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

音楽に合わせ楽しく足踏み−スクエアステップ

本紙掲載日:2020-02-24
8面
中垣内教授(右から2人目)のアドバイスを受けながらスクエアステップを体験する参加者

〃歩く脳トレ運動〃を体験−日向市東郷町

 健康維持や介護予防につなげようと、升目で区切ったマットの上で楽しく足踏みする運動プログラム「スクエアステップ」の体験会が21日、日向市東郷町の東郷公民館さくら館であり、約40人が参加して心地良い汗を流した。

 介護予防の普及・推進を目的に、町内に昨年発足したボランティア団体「いきいきステップ」(奈須ツギエ代表、7人)が市社会福祉協議会東郷支所の協力で初めて計画した。

 「スクエアステップ」は、25センチ四方のマットを計40枚(横4枚、縦10枚)並べ、その上を童謡などの音楽に合わせて足踏みしながら進む運動法。

 この日はNPO法人スクエアステップ協会理事で、15年前から普及活動に取り組む鹿屋体育大学(鹿児島県鹿屋市)の中垣内真樹教授を講師に迎え、運動効果などの話を聞いた後、実際に体験した。

 中垣内教授は「スクエアステップ」を「歩く脳トレ運動」と紹介。適切に継続すれば、歩行能力、バランス能力、脚筋力を高め、今よりスムーズな体の動きができるようになることや、注意力や記憶力といった認知機能を高める効果があることを紹介した。

 参加者は4グループに分かれ、中垣内教授が手本を見せる中、マットを順番に巡り、軽快な音楽に合わせながら基本とされる4パターンのステップを踏んで体感。中垣内教授は「升目を意識し、正確に足を入れることが大切。余裕があれば腕を大きく振り、太ももを高く上げて」などと呼び掛けた。

 体験した60歳代の女性は「思っていた以上に運動量があり、頭の体操にもなる。気軽に取り組むことができるので、地元の百歳体操教室のプログラムの一つに取り入れたい」と話した。

 鹿屋市や門川町で中垣内教授が行った研修会に参加し、サポーター認定証を受けた奈須代表は「町内は高齢化率が高いので、各地区に広めることで健康寿命を延ばすお手伝いをしたい。いずれは日向市内に広がってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top