【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

陸自の架設橋で渡河訓練−五ケ瀬川

本紙掲載日:2020-02-22
2面
陸上自衛隊の81式自走架柱橋を通行する参加車両

22日からこのはなウオークで開放−延岡

 陸上自衛隊第9施設群が延岡市の五ケ瀬川に架設した81式自走架柱橋で21日、防災関係機関による車両の渡河訓練が行われた。

 今年で6回目となる訓練には、同施設群と国交省延岡河川国道事務所、市消防本部のほか、初めて延岡警察署が参加。震度6強の南海トラフ巨大地震が発生し、五ケ瀬川に架かる橋が損傷や液状化で通行できなくなったとの想定で行われた。

 同施設群の2分の1トン小型トラックを先頭に、延岡河川国道事務所の災害対策車両、市消防本部の指揮者と救助工作車、延岡署の4輪駆動車が1台ずつ、自衛隊員の指示を受けながら慎重に走行。運転する職員らは、脱輪しないよう緊張の面持ちでハンドルを操作していた。

 訓練に参加した第376施設中隊小隊長の竹井亮介陸曹長は「車幅ぎりぎりのため、安全を考慮して1台ずつ通ってもらった。訓練はスムーズにいった」と話した。

 架柱橋は、陸自車両に乗せた橋桁を下ろしてつなぎ合わせるようにして架設。重量約38トンの74式戦車も通行可能という。22日から24日まで市民に開放され、延岡花物語のメインイベント「このはなウォーク」で松山町と野地町の河川敷を結ぶ架け橋となる。

その他の記事/過去の記事
page-top