【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夢や地域への思い堂々と

本紙掲載日:2020-02-20
8面
北浦町の子どもの声を聞く会

子どもの声を聞く会

◆小中学生8人が発表−延岡市北浦町

 延岡市北浦町の子どもの声を聞く会はこのほど、北浦中学校体育館であり、町内の児童生徒が学校生活や地域の未来などに対する思いを発表した。

 主催は北浦地区青少年健全育成連絡協議会(日盥道会長)。子どもたちの社会性を備えた大人への成長、大人たちによる子どもたちを支えていく社会づくりを促そうと、毎年開催している。

 今回は北浦小、北浦中、三川内小中の町内3校から8人が登壇した。このうち、三川内小中学校6年の宇藤菜々子さんは「三川内の未来について」と題して発表。ホタルや神楽など身近なものを活用したまちおこしを提案しながら、「鑑賞や体験できる施設を造るなどアイデアを継続的に考えていくことが大切。大好きな三川内がもっと豊かになるようにしたい」と述べた。

 また、北浦中学校3年の柳田彩佑さんは、6歳から続けているという空手をテーマに発表。中学入学後に勉強との両立で悩んだ過去、海外で外国人と交流したことなどを踏まえ、「(空手の)素晴らしさに気付いた。高校でも続けて、周囲に勇気を与えられるような人間に成長できれば」と語った。

 会場には各校の児童生徒のほか保護者や教職員、地域住民ら約200人が集まり、子どもたちの真摯(しんし)な声に耳を傾けていた。講評で、北部教育事務所の横倉康浩社会教育主事は「それぞれ発想の転換、自己分析、柔軟な思考、客観的な視点などが見受けられる内容で、いずれも堂々とした発表だった。日本はまだまだ明るいと感じた」とたたえた。

その他の記事/過去の記事
page-top