【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

気象庁ワークショップ

本紙掲載日:2020-02-17
3面
ワークショップで大雨災害時の避難などについて話し合う参加者(8日、延岡市消防本部)

避難のタイミングなど協議−延岡

 地域防災の取り組みについて考える「気象庁ワークショップ」が8日、延岡市野地町の市消防本部で行われ、自主防災組織のリーダーや防災士、消防団員らがワークショップを通じて避難のタイミングや方法などを話し合った。

 同庁が防災教育プログラムを活用し開催。県内では今年度、宮崎市の宮崎公立大で開催したのに続いて2回目。

 ワークショップの前には、九州大学大学院工学研究院環境社会部門助教の西山浩司氏が、「平常時の地域防災の取り組み―豪雨災害から身を守るために―」をテーマに講話。災害に対する地域の共通認識の重要性などについて触れ、「大事なのは自助、共助。地域の中で誰かが防災リーダーになる必要がある。まず地域の災害リスクを知ってほしい」と述べた。

 ワークショップでは、場所や家族構成、住宅の造りなどグループごとに異なる条件で、それぞれに大雨災害から身を守る手段を協議。どのタイミングで、どんな行動をとるのか、その理由などを議論しながらまとめ、発表した。

 参加した市自主防災組織連絡協議会理事の佐藤一彦さん(68)=須美江町=は「いろんな条件が重なる中、高齢者をいかにして避難させるか、改めて考えさせられた。場所にもよるが、例えばマンションなら縦(上層階へ)の避難などについても話し合いが必要と感じた」と感想を話した。

 宮崎地方気象台の所克博次長は講評の中で「地域でこういう活動を広めてほしい。自宅で災害に遭うとは限らず、旅行先や仕事先かもしれない。昼なのか、夜なのか、いろんな災害を想定しながら頭の体操をしておけば役立つと思う」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top