【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

創価大駅伝部、延岡合宿−20日まで

本紙掲載日:2020-02-14
9面
延岡市の「オリンピア・ロード」で練習する創価大駅伝部の選手たち=13日、鹿狩瀬町

旭化成と合同練習も

 今年の箱根駅伝で初めてシード権を獲得した創価大駅伝部が20日まで、延岡市で合宿を行っている。榎木和貴監督(本県出身)と久保田満コーチ(高知県出身)が旭化成陸上部の元選手という縁で来延。期間中は旭化成との合同練習も予定している。

 創価大駅伝部は1972年の創部。3年ぶり3回目の出場を果たした今年の「第96回箱根駅伝」では往路7位、復路9位でゴールし、過去最高の総合9位を獲得。念願のシード権(10位以内)を手にした。

 部員は現在、選手42人、マネジャー10人の計52人おり、12日から始まった延岡合宿には、4月に入学予定の新1年生1人を含む16人が参加している。

 チームによると今回の合宿は、福岡クロスカントリー大会(22日)や日本学生ハーフマラソン(3月8日)などに向けた強化を目的とし、計220〜250キロを目標に走り込む計画という。

 13日は、祝子川沿いに設定された「オリンピア・ロード」で30キロ走に取り組むなどし、延岡の大自然に囲まれながら黙々と練習していた。

 主将の鈴木渓太(3年)は「(大学のある東京の)八王子とは違いすごく暖かく、良い環境で練習ができている。榎木監督も練習していたという土地、コースで練習でき、また旭化成の選手も身近に感じることができ、良い刺激を受けている。昨年の成績を超えるのが今年の目標。箱根では3位を目指して、日常生活から競技に真摯(しんし)に向き合ってやっていきたい」と意気込み。

 就任2年目の榎木監督は「東京ではできない練習ができている。私も現役時代に鍛えさせてもらった延岡の環境を選手たちにも感じてもらい、全員が自己記録を更新してほしい。ニューイヤー駅伝で4連覇中の旭化成の拠点で練習できるということも、選手たちは何か感じることがあるのではないか。来年の箱根に向けて気持ちを高める合宿にもしたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top