【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アスリート発掘育成実行委が総会

本紙掲載日:2020-02-13
9面
「宮崎ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」実行委員会の総会

新年度事業計画など協議

 オリンピックや2026年の宮崎2巡目国体などを見据えた「宮崎ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」実行委員会(委員長=春山豪志県体育協会会長)の総会は5日、県庁であり、新年度事業計画などを協議した。

 2019年度はアスリート生が育成プログラムにより各種大会で好成績を残し、2人の修了生が全国大会で入賞。中学3年アスリート生を対象に新たに実施した高校部活動への練習参加では、体力低下を解消することができたなどの成果も報告された。

 また、2次選考に漏れた子どもを競技団体とマッチングさせる新たな取り組みでも、「新たなタレントを発掘することができた」という。一方、中学生アスリートは部活の主力選手であるため大会出場でプログラムに参加できなかったり、小学生アスリートには修了生の講話内容が難解などの課題も挙げられた。

 こうした反省から、20年度計画では中学生に配慮したプログラムの予備日を設けたり、小学生は修了生講話を希望者のみ参加とすることなど決定。中学生を対象に、暴力やドーピングの根絶などを目的とするスポーツインテグリティ研修も、プログラムに盛り込むこととした。

 委員の一人は、潜在能力を開花させ全く異なる競技に転向した修了生が、高校で全国入賞を果たしたと同プロジェクトの意義を強調。選考に漏れた子どもと競技団体のマッチングには、「まだまだ選手を求めている団体は多く、積極的に誘い込んでほしい」「ここで再び伸びる子もいる」など、さらに取り組みの強化を求める声が上がった。

 同プロジェクトは、体力・運動能力に優れた県内小学4、5年生を選抜し、体験プログラムなどで適性競技を見極めて強化。県民に元気や勇気、感動を与え、世界に輝く選手育成を目指す。

 16年度からスタートし、今春は1期生のうち26人の修了生が高校に進学して得意競技で腕を磨いている。本年度は小学5年〜中学3年の男女122人が活動している。

その他の記事/過去の記事
page-top