【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ひゅうが未来づくりワークショップ

本紙掲載日:2020-02-11
3面
「私の住みたい10年後の日向市」などについて意見を交わしたワークショップ

21年度スタート総合計画策定−市民の声反映

 日向市はこのほど、2021年度にスタートする「第2次市総合計画・後期基本計画」(〜25年度)の策定に市民の声を反映させようと、〃ひゅうが未来〃づくり市民ワークショップを市役所1階市民ホールで開いた。高校生から70歳代までの男女約50人が参加し、それぞれの立場で意見を交わした。

 今後、5月までの計4回、終期を迎える前期基本計画(17〜20年度)の重点戦略の中から、「若者に選ばれるまち〃日向〃未来づくり」の実現に向けて、同後期計画で重点的に取り組む施策について具体的な意見を出し合う。

 初回のテーマは「私の住みたい10年後の日向市」。宮崎大学地域資源創生学部の桑野斉教授が調整役を務めた。参加者は5〜8人ずつの6グループに分かれ、日ごろ感じている日向市に住んで良かったことなどを付箋に書き出し、「環境」「自然」「生活」「食」などの領域ごとに分けながら台紙に張り付けた。

 日向市の良さについては「自然が豊か」「人が優しい」「イベントが多い」「食べ物がおいしい」などの意見が相次いだ。

 10年後の将来像については「日向市の魅力である人、自然、食それぞれ特化した10年後を目指すべき」「今ある自然環境を残しつつ、遊べる場所や公共施設を充実させれば若者が戻ってくる」「日向ならではのイメージが湧く名物がほしい」などの要望が挙がった。最後にグループごとに発表し合い、全体共有を図った。

 富島高校生活文化科2年の川内田響さん(16)=門川町川内=は、「毎日通学している日向市の良さをいろいろな方と意見交換できて良い経験になった。部活動でソフトテニスをしているので、10年後もスポーツが盛んなまちであってほしい」と話した。

 次回は2月29日に、「未来へつなげる人づくり〜郷土愛を持った元気な若者を育てるために〜」をテーマに計画している。

その他の記事/過去の記事
page-top