【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

雪が届いたよ−美々津小児童ら大喜び

本紙掲載日:2020-02-11
3面
雪遊びを楽しむ児童ら

山形県の盒兇気鵑プレゼント

 日向市美々津の美々津小学校(倉爪洋一校長、80人)に10日、山形県遊佐町に住む盒興啝劼気鵝複僑検砲ら雪のプレゼントが届いた。児童たちは「手が冷たい」などと歓声を上げながら雪遊びを楽しんだ。

 盒兇気鵑蓮同小のふるさと学習指導者などを務める佐藤久恵さん(78)=美々津町立縫区=の友人。雪に触れることの少ない子どもたちに喜んでもらおうと、2002年から毎年届けている。

 「実は、今年は諦めていたところでした」とは井川尚幸教頭。1月28日に盒兇気鵑ら届いた手紙には「暖冬の影響で山形県も雪が降らず、今年は難しい」と書いてあった。

 そんな中、2月に入って日本に寒波が到来。山形県でも降雪が続いたことで雪が確保できたため、贈ってくれることになったという。

 この日届いた雪は、発泡スチロール6箱分約80キロ。各学年ごとに雪が割り振られると、児童らは「すげー」「冷たい」と大喜び。雪だるまを作ったり、雪合戦をして思い思いに楽しんでいた。

 初めて雪に触れたという太田倖成さん(7)は「思っていたよりも雪が冷たくて驚いた。雪合戦が面白かった」と笑顔で話した。

 同小によると、盒兇気鵑らは、毎年6月ごろにも山形県名産のサクランボが贈られてくる。児童らは、雪で遊んだ感想や感謝の言葉を手紙に書いて届けるという。

その他の記事/過去の記事
page-top