【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

29日に「笑福二人説法」−大正大学公開講座

本紙掲載日:2020-02-10
7面
「笑福二人説法」に向けて準備運営委員会を開いた市仏教会

ギター和尚の渡辺さんら来延

 「大正大学公開講座in延岡」が29日午後1時から、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター大ホールで開かれる。入場料は500円。大正大学鴨台会南九州支部(野中玄雄支部長)主催、県仏教連合会(同会長)、大正大学鴨台会本部共催、延岡市仏教会(同会長)が主管・協力。

 同大の社会貢献活動の一環。同大地域創生学部生が延岡市で毎年、地域実習を行っていることへの感謝の意味もあるという。

 演題は「笑福二人説法〜仲良く!あきらめず!朗らかに!」。講師は、僧侶で落語家の露の団姫さん、「ギター和尚のお元気説法」で知られる渡辺紀生さん。

 野中支部長・会長は「人生の糧となる仏教の教えを、分かりやすく笑いを添えてお伝えします。心豊かなひとときを楽しんでください」と、多くの来場を呼び掛けている。

 当日券もある。入場券の取り扱い所は善正寺(電話延岡32・2204)、光明寺(電話延岡32・2307)、三福寺(電話延岡32・2300)、神の国から(電話延岡20・3110)、延岡総合文化センター(電話延岡22・1855)。

【露の団姫(つゆのまるこ)さん・プロフィル】
兵庫県尼崎市在住、上方落語協会所属の落語家。高校卒業後、露の団四郎に入門し、古典落語や自作の仏教落語に取り組んでいる。2011年に天台宗で得度。年間250席以上の高座と仏教PRのために全国を奔走する異色の落語家。テレビやラジオ番組でも活躍している。

【渡辺紀生(きしょう)さん・プロフィル】
熊本県上天草市の曹洞宗向陽寺住職。駒澤大学仏教学部に進学、軽音楽部でバンド活動を開始。卒業後は、東京の百貨店でピアノの販売員をしながらギターの腕を磨いた。帰郷後に始めたギターの弾き語りと軽妙な語り口による爆笑説法が話題となり、今では全国各地から年間数万人が訪れる。

その他の記事/過去の記事
page-top