【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

建設業の魅力伝える

本紙掲載日:2020-02-03
8面
出前講座に聞き入る延岡青朋高の生徒

延岡青朋高で出前授業

 建設業の魅力を発信しようと、延岡土木事務所と延岡地区建設業協会青年部、県測量設計業協会延岡支部はこのほど、延岡市の延岡青朋高校(佐伯浩美校長)で普通科、商業科の1年生50人を対象に出前講座を開いた。

 建設業の役割、やりがいなどについて理解を深め、今後の職業選択に生かしてもらおうと開催した。

 この日は、延岡土木事務所の小牧利一さん、県土木整備部技術企画課の宮路和葉さん、延岡地区建設業協会青年部の湯川守人さん(湯川建設)、県測量設計業協会延岡支部の甲斐久嗣さん(島田設計コンサルタント)が講師として訪れ、順番に仕事内容、やりがい、体験談などを生徒に伝えた。

 小牧さんは、土木の魅力を「将来に残る物をつくる」「地域の役に立てる」「自分の考えを現場に生かせる」と話し、宮路さんは建設業界の生産性向上や仕事の効率化、働き方改革などを説明した。

 また、湯川さんは自身の体験談を交えながら現場監督の仕事や資格などを紹介。「大きなものを造り、それがみんなに使われ、未来に残り続ける。これが建設業の最大の魅力」と語った。

 さらに、甲斐さんはコンサルタントの役割について、「行政(発注者)と業者との橋渡し」とし、業務の流れや構造物の点検・診断業務など実例を挙げて解説。最後に「興味を持ったら、すぐに行動してほしい。ネットで調べたり、履歴書を書いたり、とにかく動くことが大事。職業選択のきっかけにしてほしい」とエールを送った。

 生徒は、配布された参考資料を見ながら、耳を傾けながら熱心にメモを取るなどしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top