【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

過労死、健康障害を防ごう

本紙掲載日:2020-01-10
3面
県北地域の企業73社が参加した宮崎労働基準協会延岡支部の産業安全祈願祭

宮崎労働協延岡支部産業安全祈願祭−今山八幡宮

 宮崎労働基準協会延岡支部(支部長・濱井研史旭化成延岡支社長)は9日、延岡市山下町の今山八幡宮で産業安全祈願祭を行った。県北地域の企業73社から約170人が参加し、今年一年の無事故と健康を祈願した。

 同祈願祭は、県北地域の製造業や建設業、運送業、林業、商業、サービス業など全産業が労働災害防止への意識を高め、仕事中の事故や長時間労働による過労死や自殺など健康障害の防止につなげる目的で、同支部が毎年開いている。

 神事では濱井支部長と延岡労働基準監督署の西博文署長、同市消防署の山内良昭署長に続き、製造業・電気業、林業・木材製造業、貨物運送業など各業界の代表が玉串をささげた。また、安全の願いが込められた御幣の授与なども行われた。

 速報値で延岡労働基準監督署管内の昨年1年間の労働死亡災害は4件で前年並み、休業4日以上の死傷者数は前年より3割強の増加。林業や製造業の事故が伸び、世代別では高齢者の事故が増えているという。

 濱井支部長は「IoTやAI、5Gなどデジタル新技術の浸透による産業構造の大きな変化に伴って、世の中の価値観が変わってしまうかもしれないが、安全だけは揺るぎなく守り抜いていくことが必要。強い意志で労働安全の達成を目指したい」とあいさつ。

 また、西署長は「社会や政治、経済にいかなる変化が生じても、働く人の命と健康、安全を守ることは企業経営の第一であることを基本とし、事故のない安全で安心して働ける職場環境の実現に取り組んでほしい」などと話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top