【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「つなぐ」土台に高さ輝く−延岡学園

本紙掲載日:2020-01-08
9面
【第2セット】延岡学園は小島(左)、柳田玲のブロックでワンタッチし、得点につなげる

第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)ハイライト

◆最後の戦いは満喫

 「いやー長かった。最低のスコアで負けようと言っていたのに、点数取りすぎだ」―。内容と結果をかみしめ涙する選手たちに、甲斐牧人監督が声を掛ける。選手たちは少し、泣き笑いになった。

 スタメンの平均身長は出場チーム中2位。「全国上位を目指せる」。だれもが期待したチームの春高が終わった。

 「『この監督で大丈夫なのか』と、保護者も生徒も不安があったと思う。去年の3年生が可能性を見せてくれて、今年は夏以降に『つなぐ』というバレーの原点に立ち返った」。甲斐監督の言葉にすべてが詰まる。

 全員が県内、ほとんどが県北出身で、170センチを超え、能力の高い選手がそろった奇跡に近いチーム。だが3年間、県内で足元をすくわれることもあり、夏の全国総体も16強入りはかなわず。

 主将の北林らが進学を目指す尚学館高等部の所属で、練習環境は決して恵まれない。その中で総体後は、つなぐための工夫を続けた。

 2人一組でレシーブする対人パスでは、全組が30秒間、落とさないというルールを設定。当初は1時間30分もやり続けた。その後は、3人でコートをカバーする守備練習の「スリーマン」。基本的な練習をやりきって、今大会でも脅威を与えたブロックを生かすための強固な土台を磨いた。

 簡単な相手はいない全国の、本物が集まる16強以上の戦い。3回戦の相手は、全国でも屈指の粘り強さを誇る誠英。第2セットは、その相手と永遠に続きそうなラリーでしのぎ合った。

 最後は敗れ、センターの小島礼子は「(僅差は)先生に指摘されていた課題がそのまま出てしまった結果。だから後悔がないとは言えないけど、やってきたことを出し切った」と受け入れた。

 競技を続ける3年生は大学で再び成長し、「日本一」を目標に。多くがプレーした2年生は「3年生のように引っ張っていける選手になる」。

 試合前、チャレンジし、1セット5点以下でも構わないと、背水の陣を指示していた甲斐監督は「精神的に本当にたくましくなり、その成果を要所で出した。選手は悔しいだろうが、後悔はない」。しみじみと総括した。


その他の記事/過去の記事
page-top