【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延学3回戦で敗退

本紙掲載日:2020-01-08
9面

第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)

◆激戦、第2セットも及ばず

 春の高校バレー「第72回全日本バレーボール高校選手権大会」第3日は7日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の3回戦と準々決勝があった。女子の延岡学園は3回戦で誠英(山口)に0―2で敗れ、8強入りはならなかった。

 誠英は今大会準優勝歴もある全国屈指の強豪。185センチのセンターを軸に、堅実なプレーで戦う。延岡学園は序盤からエースの北林桃佳を中心に、高さを生かしたプレーで。第1セットを落としたが、第2セットは一歩も譲らず。しかし、セットポイントは奪えず28―30で競り負けた。

 このほか女子準々決勝で、3連覇を狙う金蘭会は熊本信愛女学院(熊本)にストレート勝ち。前年準優勝の東九州龍谷(大分)、共栄学園(東京)、古川学園(宮城)も4強入りした。男子準々決勝では、駿台学園が2018年優勝の鎮西(熊本)を2―1で下した。前年準優勝の清風(大阪)、高校総体を制した松本国際(長野)、東山(京都)も勝ち上がった。

 結果は次の通り。

【女子】
▽3回戦
誠 英 2 25―21 0 延岡学園
      30―28

共栄学園(東京)2―1京都橘(京都)、八王子実践(東京)2―1福井工大福井(福井)、大阪国際滝井(大阪)2―0富山第一(富山)、古川学園(宮城)2―0三重(三重)、東九州龍谷(大分)2―0松山東雲(愛媛)、金蘭会(大阪)2―0東京都市大塩尻(長野)、熊本信愛女学院(熊本)2―0広島桜が丘(広島)。▽準々決勝=共栄学園(東京)2―1大阪国際滝井(大阪)、古川学園(宮城)2―0八王子実践(東京)、東九州龍谷(大分)2―0誠英(山口)、金蘭会(大阪)2―0熊本信愛女学院(熊本)

【男子】
▽準々決勝=東山(京都)2―0東福岡(福岡)、松本国際(長野)2―1大村工(長崎)、駿台学園(東京)2―1鎮西(熊本)、清風(大阪)2―0西原(沖縄)

【コメント】
◇もっと粘れれば・須藤梨及(2年)
「もっと粘れれば勝てた試合。自分の課題を克服しきれなかった。新チームでは、大事な場面で決めきれるエースになる」

◇大学で「日本一」を・長友真由(3年)
「8強へあと一歩だったが、全員で最後まで攻めきってやりきれた。大学ではまず体作りからしっかりやって、レギュラーで『日本一』を目指す」

◇最後の1点決めきれず・柳田玲奈(2年)
「最後の1点を決めきれず悔しい。練習してきたつなぎは、絶対落としたくないという思いでつなぐことはできた。頼れる先輩がいなくなるので、みんなでとにかく粘り、みんなで攻撃できるチームを目指す」

◇「つなぐこと」できた・後藤愛海(2年)
「悔しさはあるが、第2セットは言われてきた『つなぐこと』ができ、いい試合ができた」

◇経験生かして強い選手に・嘉茂優羽(2年)
「短い出場時間だったが、逃げずに本気で戦うことはできた。先輩たちのおかげ。この経験を生かし、次は自分が引っ張れるような強い選手になる」

◇もっとみんなとプレーしたかった・福富紗代(3年)
「目指した16強入りはうれしかったが、もっと上でみんなとプレーしたかった。高校ではこれまでと立場が変わり、自分で考え動くことが身に付いた」

◇またこの舞台に・中武こころ(2年)
「悔しいが、途中出場で大きな舞台に立つことが出来た。またこの舞台に立てるよう、先輩たちのように引っ張っていきたい」

◇次の大会へ準備を・柳田愛乃(2年)
「コートに立てない3年生の分も、2年生は決めよう、拾おうと最後までやりきれた。もう一回戻ってこられるよう、次の大会でチームが一つになれるように、しっかり準備していきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top