【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

講師は地元6企業

本紙掲載日:2020-01-07
7面
「教えて先輩」の講演に耳を傾ける環境科学システム科の生徒

延岡工高で「教えて先輩」

 地元企業の経営者や若手社員、市職員から企業の優れた技術や事業内容、仕事のやりがいなどを学ぶ「教えて先輩」が12月13日、延岡工業高校1年生6学科の全生徒を対象に、校内や企業で開かれた。

 生徒の職業観や勤労意識の醸成、地元企業について学ぶことが目的。主催は同校、県工業会県北地区部会・人財育成文科会、延岡市。

 このうち、環境科学システム科40人に対しては、宮崎ガス延岡支店(延岡市昭和町)の工務課生産係の宮川雅光さんと営業課開発係の日眇妓磴気鵑同校を訪れ、都市ガスについて説明した他、仕事のやりがい、社会人としての心得などを話した。

 宮川さんは、工務課の業務を工場の点検や管理、液化天然ガス(LNG)の受け入れなどと紹介。天然ガスは気体だが、冷却して液体化することによって、体積が600分の1になり、大量輸送や貯蔵が可能になることや、天然ガスは無臭のため、危険を回避するために工場で臭いを付けていることなどを説明した。

 日發気鵑蓮崑燭の人に都市ガスを使ってもらうためにさまざまな提案をしている」と、営業課の業務を説明。「相手の話をしっかり聞いて、会話の中からニーズを読み取り、それに応えるコミュニケーション力が大事。話すのが苦手な人でも、真摯(しんし)に取り組めば、必ず生きてくる。学生時代に、何にでも興味を持って取り組み、夢中になるものに打ち込んでほしい」とエールを送った。

 「失敗から学んだことは」との生徒の問いに、宮川さんは「失敗はできないとの思いが強くなる。危険物を取り扱うため、命に関わり、周りの人にも迷惑を掛けてしまう」、日發気鵑蓮崋最圓論功への過程。失敗を恐れずチャレンジしてほしい」と答えた。

 講演後、生徒を代表して柳田悠希さんが「都市ガスがさまざまな家庭機器に使われていることが分かった。コミュニケーション力の必要生や地域貢献の大切さを学んだ。日常生活でも意識して、就職選択の参考にしたい」と話した。

 この他、機械科に対してはにへい精機、情報技術科にはAJS、土木科には市土木課、生活文化科には岡田花店が講師を務めた。電気電子科の授業は興電舎本社(同市浜町)で行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top