【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新たな年、飛躍誓う−各地で賀詞交歓会、年始会

本紙掲載日:2020-01-07
2面
約1100人が出席した新年賀詞交歓会
日向市の新年賀詞交歓会
門川町の新春年始会
高千穂町の新春奉賀会

 官公庁や企業などが本格始動した6日、県内各地で新年賀詞交歓会、新春年始会、新春奉賀会があり、各界の代表者らが新年のスタートを祝い、さらなる飛躍を誓った。



◆経済界トップが抱負−宮崎商議所

 宮崎商工会議所主催の新年賀詞交歓会は6日、宮崎市内であり、県内経済界のトップや国会議員、河野知事ら約1100人が新年のあいさつを交わした。

 年男と年女の20人が壇上で鏡開きをして開幕。主催者の米良充典会頭は、東京オリンピック・パラリンピックや県内開催の国民文化祭など、大型行事が続く一年になるとして、「皆さんの力で盛り上げていってほしい」とあいさつした。

 宮崎銀行の平野亘也頭取は、次世代の移動通信システム「5G」が今年から運用開始することを好機と期待。干支(えと)のネズミは子宝の象徴だとして、「46都道府県が少子化でも宮崎だけは子どもが増えていくよう、対策が求められる。優秀な外国人に来てもらえるような県にもしていきたい」と意気込みを語った。

 宮交ホールディングスの菊池克鮗卍垢蓮∈秋に完成を予定する宮崎駅周辺一帯の大型商業施設など、「いろんな計画が進んでいるが、皆さんに喜んでもらえるよう、完璧な有言実行の年にしたい」と抱負。

 県建設業協会の山司会長は、延岡市の竜巻をはじめ全国で災害が相次いだ昨年を振り返り、「国土強靱(きょうじん)化対策をしっかり進めつつ、いつ災害があっても対応できる備えをしていきたい」と力を込めた。


◆明るく輝かしい年に−日向

 日向市と市議会、日向商工会議所主催の新年賀詞交歓会は6日、同市上町のホテルベルフォート日向であった。行政、議会、商工関係者など各界から約370人が出席し、令和になって初めての新年の幕開けを祝った。

 主催者あいさつで十屋幸平市長は今年の抱負として、東郷病院の医療体制の維持継続や市総合計画後期計画の策定、細島港を核としたまちづくり、中心市街地のにぎわいづくりなどを挙げ、「今年1年が明るく輝かしい年であることを期待したい」と述べた。

 初めて出席したという河野俊嗣知事は「元気が出る話題が続く日向市が、県北をけん引いただきたい」と期待。江藤拓農林水産大臣の順子夫人と、松下新平参議院議員が来賓祝辞を述べた。

 鏡開きに続き、三輪純司会頭の音頭で乾杯。三輪会頭は「地方の最大の悩みは人口減少と少子化。日向の素晴らしい波をアピールしてサーフィン移住を進めたい」と抱負を述べ、協力を呼び掛けた。
出席者は各テーブルを回り、名刺交換しながら新年のあいさつを交わした。最後は市議会の黒木高広議長の音頭で万歳三唱し、今年1年のお互いの飛躍を誓い合った。


◆県北が伸びゆく年へ−門川

 門川町と町議会、同町商工会主催の新春年始会は6日、同町東栄町の門川商工コミュニティセンター「APIO(アピオ)」であった。行政、議会、商工会、関係団体から約110人が出席し、新たな1年のスタートを祝いながらお互いの飛躍を誓い合った。

 主催者を代表して安田修町長は「門川町に住む人、働く人、訪れる人が『いいまちだなぁ』と思えるように、どの家庭からも笑い声が聞こえるまちづくりのため精いっぱい努力していきたい」と述べ、協力を呼び掛けた。

 また、同町商工会の安田厚生会長は旭化成のニューイヤー駅伝4連覇や、同町出身の江藤拓衆院議員の農林水産大臣就任などの明るい話題に触れ、「門川町や宮崎県北が、伸びゆく年になることを願いたい」と期待を込めた。

 盛大に鏡開きをした後、町議会の内山田善信議長の音頭で乾杯。和やかな雰囲気の中、出席者は各テーブルを行き来しながら、近況や新年の展望などを語り合った。最後は町商工会の山下忠義副会長の音頭で万歳三唱し、今年1年の決意を新たにした。


◆町制100周年、さらなる発展へ−高千穂

 高千穂町と町商工会主催の新春奉賀会は6日、同町三田井のJA高千穂地区ゆめゆめプラザTACであり、行政、商工、観光、農業関係者ら約120人が出席して今年の飛躍を誓った。

 主催者代表のあいさつで、同商工会の後藤和博会長は昨年12月に商工会事務所を移転したことなどに触れ、「役員、職員が一丸となって高千穂の発展のために頑張りたい」。

 また、甲斐宗之町長は、今年が町制施行100周年の節目を迎えることを踏まえ、「未来に向けてさらに飛躍する高千穂町を内外に広く発信したい」と述べた。

 来賓あいさつに続き、JA高千穂地区の佐藤友則組合長の音頭で乾杯。会場は和やかな雰囲気に包まれ、出席者が新年のあいさつを交わして歓談する姿が見られた。

 この日、日之影町の新春賀詞交歓会、五ケ瀬町の新春交歓会も開かれた。



その他の記事/過去の記事
page-top