【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(60)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-12-28
8面

【平成30年7〜12月】
◇ひょっとこ踊り、ハワイに
日向市の日向ひょっとこ踊りが、米国ハワイの祭りに参加した。同市は、東京五輪・パラリンピックで米国のホストタウンに登録されていた(7月6日付)

◇西日本豪雨で給水車派遣
西日本各地に大きな被害をもたらした豪雨災害で、延岡、日向市が共に被災地の広島県呉市に給水車と職員2人を派遣した(7月10日付)

◇本気の夏、100回目
100回目を迎えた夏の甲子園のキャッチフレーズコンクールで、延岡市出身の屋谷明唯さん=宮崎第一高校=の作品「本気の夏、100回目。」がグランプリに輝いた(8月1日付)

◇青果卸売市場を廃止へ
日向市などが出資する第三セクターの日向青果地方卸売市場が、11月末で閉鎖・廃止されることが分かった(8月1日付)

◇延岡学弓道男子が優勝
全国高校総体の弓道男子団体戦が静岡県であり、延岡学園が県勢初の優勝を果たした。決勝は秀岳館(熊本)を15―13で破った(8月6日付)

◇野菜が軒並み高騰
豪雨災害に続く記録的な暑さの影響で野菜が品不足となり、キャベツ、キュウリ、ナスなどが軒並み高騰した(8月9日付)

◇政挙公の具足複製を寄贈
延岡青年会議所と卒業生のシニア会は、最後の延岡藩主、内藤政挙公の具足の複製品を延岡市に寄贈した。創立60周年を記念した(8月10日付)

◇マンガ・若山牧水
郷土の歌人若山牧水の生涯を描いた初の漫画本「マンガ・若山牧水」が発刊された。絵を担当した延岡市出身の漫画家しいやみつのりさんらが出席して祝賀会が開かれた(8月25日付)

◇福良オリックス凱旋
延岡市北浦町出身の福良淳一監督率いるプロ野球オリックスと日本ハムの公式戦が宮崎市であった。県北からも同級生や大勢のファンが駆け付け、「うどまかせ福良監督」の横断幕を掲げた(8月29日付)

◇荒川選手が全国制覇
全国小学生学年別柔道大会があり、坂本柔道塾(門川町)の荒川琉正選手が6年男子50キロ級で優勝した。前年の45キロ級でも優勝していた(8月30日付)

◇大野選手が金メダル
アジア大会の柔道男子73キロ級で、旭化成の大野将平選手が金メダルを獲得した。決勝で韓国選手を延長の末に下した(8月31日付)

◇県選抜、日本代表に健闘
アジア野球選手権大会に出場する高校日本代表と県選抜の壮行試合があり、県選抜は2―4で敗れたものの、聖心ウルスラ学園の戸郷翔征投手が9奪三振の力投を見せた(9月1日付)

◇甲斐さんが農水大臣賞
全国茶品評会があり、釜炒(い)り茶部門で延岡市北方町の甲斐まち子さんが初の農林水産大臣賞に輝いた(9月1日付)

◇北海道で震度6強
北海道の胆振地方中東部を震源とする地震があり、北海道安平町で震度6強の揺れを観測した。地震の規模を示すマグニチュードは6・7と指定された(9月6日付)

◇九州中央道で杭打ち式
九州中央自動車道の一部となる国道218号五ケ瀬高千穂道路の中心杭(くい)打ち式が、五ケ瀬町三ケ所であった(9月25日付)

◇台風24号で風水害
台風24号が列島を縦断。総雨量は美郷町南郷の神門で442ミリに達した。延岡市北川町曽立で床上浸水の被害があった。強風による被害も相次いだ(10月1日付)

◇避難山とタワーが完成
日向市が財光寺に整備していた津波避難用の盛り土とタワーが完成した。県北で初の「避難山」は海抜15・1メートルの高さがあった(10月9日付)

◇国際女子プロサーフィン
国際女子プロサーフィン大会が日向市のお倉ケ浜で開かれた。日本人22人を含む13カ国53人がエントリーし、華麗な技を披露した(10月19日付)

◇みこしが愛宕山に
延岡市恒富町の春日神社創建1300年を祝う祭りがあり、みこしが愛宕山山頂の奥宮・極天様まで登った(10月20日付)

◇ロートル野球終わる
延岡市のロートル野球大会が57年の歴史に幕を下ろした。最後の大会では、川中、川北、川南軍3チームが和気あいあいとプレーを楽しんだ(10月22日付)

◇小幡、戸郷選手がプロへ
プロ野球のドラフト会議があり、延岡学園遊撃手の小幡竜平選手が阪神から2位、聖心ウルスラ学園投手の戸郷翔征選手が巨人から6位で指名された(10月26日付)

◇岸本さんが3連覇
相撲の全日本小学生女子大会があり、6年生50キロ以上60キロ未満級の岸本はなさん(東海東小)が3連覇を達成した。このほかの大会でも延岡勢が活躍した(10月26日付)

◇八興運輸が企業大賞
地域振興に貢献する民間企業を対象にしたふるさと企業大賞に、日向市の総合物流会社・八興運輸が選ばれた(10月30日付)

◇100メートルで九州タイ記録
県中学校秋季体育大会があり、陸上女子2年100メートルで岡富中の福島実咲さんが12秒26の大会新記録で1位となった。九州タイ記録だった(11月6日付)

◇雲海橋―深角が開通
九州中央自動車道の一部となる国道218号高千穂日之影道路(延長5・1キロ)のうち、雲海橋交差点―日之影深角間2・8キロが開通した(11月12日付)

◇民家に6人の遺体
高千穂町の民家から6人の遺体が見つかり、県警は殺人事件として捜査を始めた(11月27日付)。近くの川で見つかった男性の遺体が民家に住む次男と分かった(11月28日付)

◇守る会が手作り郷土賞
延岡市北川町の川坂川を守る会が、国土交通省の手作り郷土賞に選ばれた(12月4日付)。グランプリは獲得できなかった(12月21日付)

◇10年ぶりの延岡場所
延岡市で10年ぶりとなる大相撲延岡場所が市民体育館で始まった。同市出身の琴恵光関らを応援する大勢の相撲ファンが詰めかけた(12月7日付)

◇諸塚中が国税庁長官表彰
諸塚中学校が、租税教育推進校としては九州で唯一、国税庁長官表彰を受けた。平成17年度以来、租税教室や作文などに取り組んでいた(12月11日付)

◇原選手を特別表彰
延岡市は、アジア大会で銅メダルに輝いたハンドボール女子日本代表の主将で、同市出身の原希美選手にアスリートタウン延岡スポーツ特別賞を贈った(12月12日付)

◇金堂ケ池にバイオファン
延岡市西階町の金堂ケ池に水質浄化装置の「バイオファン」が設置された。大武町の修電舎が、効果検証のためボランティアで取り付けた(12月20日付)

◇河野氏が3選果たす
知事選挙が行われ、現職の河野俊嗣氏が新人候補に25万票余りの大差を付けて3選を果たした。投票率は過去最低の33・90%だった(12月24日付)

◇小豆野さんが文科大臣賞
延岡工業高校生活工学科3年の小豆野葉子さんが、日本情報処理検定協会主催の文書デザインコンテストで最優秀デザイン賞と文部科学大臣賞を受賞した(12月27日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)
(おわり)

その他の記事/過去の記事
page-top