【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大切な人へ伝えたい「こころのメッセージ100編」(上)

本紙掲載日:2019-12-25
6面

 人権週間(12月4〜10日)に合わせて延岡市が募集し、4633編から選出した「第13回あなたの大切な人へ伝えたいこころのメッセージ100編」は、読む人の心を温め、励ましてくれます。気ぜわしい年の瀬に読んで一休みしませんか。100編(小学生38、中学生38、高校生18、一般6)すべてを掲載します。また、同市は、それぞれのメッセージを大きく印刷してとじた冊子(B5判50ページ)を500部作成し、関係者だけでなく希望者にも配布しています。問い合わせ先は同市人権推進課(電話延岡22・7002)。

■小学生

◇「かぞくへ」1年生
びょうきでしんぱいかけてしまいましたね。
もうすぐげんきになるからがんばります。おうえんしてくださいね。

◇「てんごくのはるとへ」1年生
いつも、そらからみまもってくれてありがとう。
いのちをたいせつにしてがんばるね。これからもみててね。

◇「おとうさんへ」1年生
いつもおそくまでおしごとがんばってくれて、ありがとう。
またみんなでいっしょにおふろにはいろうね。

◇「おなかのあかちゃんへ」1年生
おなかのあかちゃんなにしてるの。まってるよ。
げんきにうまれてたくさんあそぼうね。

◇「1ねん4くみのみんなへ」1年生
びょういんで、みんなからのおてがみでがんばれた。
みんなありがとう。

◇「おとうとへ」1年生
ぼくは、きらきらひかっているがっちゃんがだいすきです。
これからもたくさんたべておおきくなってね。

◇「おとうさんへ」1年生
たばこをすったあとはどこかにすてないでね。
かじのもとになるよ。おとうさんがいなくなったらこまるよ。

◇「妹へ」2年生
いつも、おるすばんのとき、いっしょにいてくれて、ありがとう。
さみしくないし、こわくないよ。

◇「天国にいったクララ(犬)へ」2年生
クララのことこわがっていたけど、しんだときだってなみだはでなかったけど、本とうはすごくかなしかったよ。

◇「弟へ」2年生
いつもおかおがぷにぷにしているね。たこやきみたい。
ずっとそのままでいてね。大人になってもいっしょにいようね。

◇「ボランティアへ」3年生
毎日雨や晴れの日など立って見まもってくれてありがとうございます。あいさつをしてくれてぼくは元気です。

◇「おねえちゃんへ」3年生
なんでいつもおばあちゃんちにいるの。おうちにかえってきてよ。
まこははやくかえってきてほしいの。

◇「じいちゃんへ」3年生
いつも行きと帰りを見おくってくれてありがとう。
でも、いつもじゃなくてときどきでいいよ。また、来るね。

◇「お母さん、お父さん」3年生
まだ延岡には、なれてないけど家ぞくは、一番の心のささえだとかんじるよ。いつもありがとう。大すきだよ。

◇「今の自分へ」3年生
今の自分は、いつもある一歩をふみだせない。ふみだせる方法は一つある。自分に自信を持てば一歩はふみだせる。

◇「世界一のはーちゃんへ」3年生
私の顔を見てわらってくれてありがとう。とてもうれしいよ。
私の世界一の妹だよ。大大大すきだよ。

◇「天国のおばあちゃんへ」3年生
おばあちゃんへ、そろばんつづけてるよ。八級合かくしたよ。
よろこんでくれるかな。五ケ月前みたいに。

◇「10年後の自分へ」4年生
今大学にいってますか、それともはたらいていますか。
親にめいわくをかけていたらざん念です。がんばって。

◇「天国の妹へ」4年生
あえなくなってさみしいね。今、いきてたら、小学一年生だね。
いっしょに、学校にいきたいね。大好きよ。

◇「ひーくんへ」4年生
いつもありがとう。ひーくんは、まだしゃべれないけど気持ちは伝わっているよ。しゃべれるようになったらお話ししようね。

◇「自分へ」4年生
サッカーがんばれよ。スタメンをはずれてもあきらめずにしっかりしろよ。あと勉強もしっかりがんばれよ。

◇「自分へ」4年生
ぼくは、あきらめが多い。自分にもあまいので、それが一番ダメだ。
だから変わるのは、今だ。

◇「ひぃばあちゃんへ」4年生
家に行くと、うれしい顔で「よく来たね」と言ってくれてありがとう。
百才まで生きてね。あと笑顔でいてね。

◇「ばあちゃんへ」4年生
ぼくのお母さんが死んでから、ばあちゃんがぼくを育ててくれました。ばあちゃんの料理ものすごくおいしいよ。

◇「ばあちゃんへ」5年生
ぼくは今、反抗期です。心の根っこは、ありがとうと大好きでできています。見えにくいから、ここで発表します。

◇「かわいい弟へ」5年生
いつもおこってばかりでごめん。かんちがいするなよ。
お前は世界一かわいい弟なんだ。いつでも一緒だよ。

◇「お父さんへ」5年生
たまにしか会えないお父さん。顔を見ると泣けてくる。
宮崎での仕事、がんばって。いつも心はちかくにいるよ。

◇「お父さんへ」5年生
言いたいのに、伝えたいのに言えない言葉があります。
今、わたしの心の中であたためている言葉。ありがとう。

◇「自分へ」5年生
もっとポジティブに生きろよ。スベッたことそんなに気にするなよ。
だけど、そんな自分が好きできらいだ。

◇「おばあちゃんへ」5年生
いつも病気でねたきりのおばあちゃん。話すことはできないけど、手はあったかい。生きているだけで十分だよ。

◇「友達へ」5年生
いつも元気いっぱい、しっかり者。でも苦手なことがあるって知ってるよ。そのままの君でいてね。いつまでも。

◇「親友へ」6年生
べつに信じてないんじゃないよ。信じているから不安になるんだ。
こんな僕だけどこれからもよろしくね。

◇「お母さんへ」6年生
わたしは最近すぐ文句を言ってしまうけど後になってとても後悔します。なぜ「ありがとう。」が言えないのか…と。

◇「先生へ」6年生
先生は、みんなの前に立つのがきらいだった私に勇気をつけてくれました。先生のおかげで今があります。

◇「友達へ」6年生
いつも全力で、夢に向かって努力してて、すごくかっこいいよ。
すなおに言えないけど、いつもありがとう。

◇「友達へ」6年生
いつも仲良しな友達だけどケンカすることもある。
ケンカするほど仲が良いぼくの一番の宝物は大事な大事な友達。

◇「おねえちゃんへ」6年生
宮崎で一人暮らし始めて2年目。行った時すごくさみしい。
帰って来る時すごくドキドキ。大好きだよ。

◇「お母さんへ」6年生
いつも一人で子育てしてくれてありがとう。お父さんがいなくてもぼくは幸せです。だから心配しないでね。


■中学生

◇「私自身へ」1年生
こつこつと、積み重ねたものは未来の私へのプレゼント。
努力は絶対嘘つかない!夢に向かってまっすぐ進め。

◇「友達へ」1年生
「絶対できるって」の言葉にいつも勇気をもらってます。
おかげで一歩ふみだせたよ。ありがとう。

◇「お母さんへ」1年生
もう一度会いたいよ。たとえ会えなくても心はつながっているよね。
これからも見守っていてね。大好きだよ。

◇「お父さんへ」1年生
もう毎日のようには会えないお父さん、熊さんみたいなお父さん普段は言わないだけで大好きだよ。大大好き。

◇「じいちゃんへ」1年生
お元気ですか?家族と食事もできずに、病院食辛かったよね。
笑顔がまた見たい。私が栄養士になる所見ててね。

◇「僕へ」1年生
今まで何をしてきたんだ。自分の力はそんな物じゃないだろ。
全力出して未来に向かってつきすすめ。

◇「家族へ」1年生
勉強できない。運動も苦手。話すのも苦手。
いつも苦労や不安をあたえてしまうけどいつか必ず恩返しするから。

◇「大すきな母へ」1年生
いつも甘やかしてくれるけど、もっと怒ってほしい。
これが私の本音です。母さんの子供でよかった。ありがとう。

◇「ばあちゃんへ」1年生
ばあちゃん、私中学生になったよ。制服姿見せたかったな。
お花も教えてほしいよ。みんなを上から見守ってね。

◇「友達へ」1年生
気付けば側にいて、気付けば笑い合っている。
そんなささいなことも私の大切な思い出であり、一生の宝物だよ

◇「友達へ」1年生
友達を作るのが苦手な僕に、君が話しかけてくれて、仲良くなれました。
僕は自分に自信がもてました。

◇「じいちゃん・ばあちゃんへ」1年生
夏にとどくマンゴーも好きだけどじいちゃん・ばあちゃんのことはもっと好きだよ。何才になっても元気でね。

◇「祖母へ」2年生
明るくてしっかり者の祖母。たまにちゃっかりボケる祖母。
祖母と一緒に過ごす時間、それは私の宝物。

◇「ママへ」2年生
大丈夫。これはママの口癖だね。私の気が済むまで話を聞いてくれるから、心がすごく軽くなるよ。ありがとう。

◇「曾祖母へ」2年生
今年で百歳、おめでとう。おばあちゃんがいつも元気にみかんを食べているところを見るとホッコリします。

◇「わたしへ」2年生
周りの目を気にしちゃダメ。やりたい事好きな事は思いっきりやらなくっちゃ!だってわたしの人生なんだから

◇「妹へ」2年生
産まれたときから一度も音を聞いたことないあなた。
僕はそんなあなたが大好きだよ。声を聞かせてやりたいな。

◇「お父さんへ」2年生
毎日毎日仕事に励んで家事までして、今まで男手一つで三人を育ててくれてありがとう。ずっと大好きです。

◇「おじいちゃんへ」2年生
そちらでも楽しくやっているでしょうか?
もし、おばあちゃんが来たらお姫様だっこで天国に連れてってね。

◇「車いすのばあばへ」2年生
いつも優しいばあば。本当に大好き。俺、でっかくなって、ばあばを持ちあげられるくらい大きくなるよ。

◇「彼氏へ」2年生
もう絶対離さないよ?キミが良いじゃなくてキミじゃないとダメなんだよ。
ずっととなりにいてね?大好きだよ。

◇「おばあちゃんへ」2年生
何も言葉を交わさなくてもおばあちゃんのそばにいると心があたたかくなるよまた行くからねありがとう

◇「姉へ」2年生
反抗的な態度をいつもとっているけどあなたと笑い合う時間は私にとって宝物です反抗的でごめん大好き

◇「おじいちゃん・おばあちゃんへ」2年生
会いたいなあの優しい顔にいつも遠いけど笑顔をくれる元気をくれるあの大切な大切な人に長生きしてね

◇「おじいちゃんへ」2年生
もう会えないのは悲しいけど僕は前を向きます。
だっておじいちゃんに笑っていてほしいから。

◇「姉へ」2年生
結婚するって聞いた時すごくうれしかった
でもねやっぱり寂しい自分がいるお姉ちゃん本当は大好きだよ

◇「天国のおばあちゃんへ」2年生
天国でおじいちゃんと仲良くしてますか?
ゆうれいになってでもいいからたまには帰ってきてね!

◇「お母さんへ」2年生
わがままな私の挑戦に嫌な顔一つもせずに一番に応援してくれるお母さん、大好きの言葉だけじゃ伝えきれない。

◇「大切な人へ」3年生
ずっとずっと側に居たい。なんて心の中では言えるけど、貴方を前にすると言えなくて。伝われ!この思い。

◇「友達へ」3年生
涙があふれ、心が折れた日、あなたは黙って肩に手を廻してくれた。ありがとう。私きっと立ち直るから。

◇「妹へ」3年生
いっつも不満を持って泣いている小さなかいじゅうさん
あなたをだっこすると優しい気持ちになるのはなぜ

◇「バレー部の仲間へ」3年生
自分のミスで流れがなくなったあの試合皆が僕にかけた一言「まだがんばれる」は今も自分に勇気をくれる一言です

◇「弟へ」3年生
毎日上から見てたのに少しずつ大きくなっていつか見上げる日がくるのかな。お誕生日おめでとう。

◇「妹へ」3年生
「大嫌い。」つい言ってしまうけど本当はね…。
中々素直になれないけど、ちゃんと分かってる?「大好き」だって。

◇「弟へ」3年生
まだまだあどけないけど、心も性格も体格も顔も特大ホームラン級!本当に打つの見たいな。いつも有難う。

◇「おかあさんへ」3年生
おかあさん、いつも反抗的な態度でごねんね
まだ私の反抗期は続きそうですがお付き合い下さい。よろしくね。

◇「弟へ」3年生
ねえねとあともう少ししか遊べん、そんな寂しい顔で言わんでよ。
まだ時間があるんだからいっぱい一緒に遊ぼうね。

◇「妹へ」3年生
うまくいかなくて自分が嫌になるかもしれないけど自分を追い込まないで。その失敗は決して無駄じゃないから。

■高校生

◇「亡き祖母へ」1年生
向こうの世界で元気にしちょる?「頑張れ」その一言で頑張れたんだよありがとう。そして沢山の愛をありがとう。

◇「母さんへ」1年生
朝起きたとき温かい弁当が出きている。
食べるときは冷たいが、僕の心は温かくなる。いつもありがとう母さん。

◇「お母さんへ」2年生
いつもありがとう。私たちのために必死にやりくりしながら、さみしくないように愛情を注いでくれて。

◇「お母さんへ」2年生
すぐ怒ったら顔や態度にでるところも負けずぎらいなところも全部あなたに似たんです。大好きです。

◇「憧れのあなたへ」2年生
後ろ姿を見つめているだけでも顔が熱くなってしまう。
かっこよくて惚れボレする。憧れってそんなもの。

◇「大すきな君へ」2年生
いつもあなたの声や後ろすがたにはげまされました。
こんなに辛い思いをするなら友達のままでよかったのに。

◇「両親へ」2年生
今の自分は笑顔に戻り楽しい学校生活を送っています。
笑顔を見せなくなった自分を助けてくれてありがとう。

◇「家族のみんなへ」2年生
辛いことがあっても、笑い飛ばしてくれる家族のみんなが大好きです。
改めて、この家に生まれてきてよかった!

◇「大好きな友達へ」2年生
「おはよう」って。今では当たり前かもしれないね。
入学式、勇気を出して声を掛けてくれてありがとう。

◇「じいちゃんへ」2年生
まだまだ長生きしてくれんと困るよいろんな姿見てほしい
じいちゃんみたいな立派な人間になるって約束する

◇「家族へ」2年生
喧嘩して思ってもない事ばかり口にして傷つけてごめん。
でも本当は大好きで感謝しかない。ありがとう。

◇「お母さんへ」3年生
いつも同じような服を着ているね。
私が何不自由なく生きるために無理して自分の自由を奪わないでね。

◇「大好きな人へ」3年生
人見知りな私に、毎日めげずに「おはよう」と言ってくれたあなた。
私の性格を直してくれたのもあなたでした。

◇「おばあちゃんへ」3年生
おばあちゃん心配しなくて大丈夫。夢叶えたら帰ってくるから待ってて。帰ってきたら、魚の煮物食べさせてね。

◇「母へ」3年生
3年間作ってくれたお弁当。知ってるよ、テスト勉強の時に私が寝るまで起きていたことも。感謝しかないな。

◇「いつも頑張っているあなたへ」3年生
ずっとアピールしてたつもりだったのに気づいてなかったあなた。
そんなあなたに伝えたいな好きの2文字を。

◇「部活動の後輩へ」3年生
「ありがとう」ってみんなにではなく一人一人に伝えたい。
先輩になって気づく。後輩という大切な存在を。

◇「ママへ」3年生
あなたは世界で一番厳しくて世界で一番優しい人。
何を言っても言い足りないけどいつもありがとう。

■一般

◇「亡き妻へ」
手料理も少しは出来るようになりました。春の風に乗って皆を見守っていると、あなたが残したメッセージ忘れることはありません。

◇「孫へ」
あすは土曜日やさしい孫からの声の宅配便
ばあちゃんの元気の元だよありがとう。

◇「孫娘へ」
私のボケないうちにお母さんと仲直りしてネ!でないと
私は幾つになってもボケられません孫娘(ふたり)の笑顔見て安心したいです

◇「お父さんへ」
遠い空にいって13年。笑った顔、優しい声、もう一度会いたいです。
自分に負けそうな時お父さんが御守りです。

◇「娘へ」
「おめでとう」なんて言わないよ。悲しくなるから…でも、
やっぱり「おめでとう!」

◇「今年産まれた息子へ」
ようやく来てくれた我が家の王子様、
今日1日が夢の中までも笑顔であふれますように。




その他の記事/過去の記事
page-top