【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

長野さん(山田工業)原田さん(アキタ製作所)を認定

本紙掲載日:2019-12-19
2面
山田工業の長野秀樹さん
アキタ製作所の原田芳男さん

日本溶接協会が創設・マイスター制度

 日本溶接協会が創設したマイスター制度の第1回認定式はこのほど、東京都港区の東京プリンスホテルであり、県内から延岡市の長野秀樹さん(50)=山田工業=、日向市の原田芳男さん(57)=アキタ製作所=が溶接技能者のマイスターに選ばれた。認定を受けたのは、全国で溶接技能者22人、マイクロソルダリング(微細はんだ付け)要員2人。

 同制度は、溶接に関する教育の拡大、技能伝承、品質向上を目的に創設された。「客観的に評価ができる高い溶接技能、および溶接界への顕著な貢献活動実績を有する者」の中で、〕論棔▲泪ぅロソルダリングに20年以上、かつ実務に10年以上従事している現役の技能を有し、認定後も相当年数の活躍が見込まれる5伺充圓量枠呂版Г瓩蕕譟技能伝承に積極的―などの条件を満たした人を対象としている。

 第1回の公募は今年3月から始まり、指定機関や企業、教育機関の申請を受けて同協会が選定。長野さん、原田さんはともに約30〜40年の溶接歴、全国技能大会での優勝・入賞など実績十分で、地元高校生らへの指導など後進の育成に積極的に携わっていることも評価された。

 認定式は、同協会70周年記念式典に合わせて行われ、24人のマイスターに認定証となる盾が贈られた。

 毎年コンクールに参加し、社内外での指導、育成に努めている長野さんは「職人冥利(みょうり)に尽きる。今後は、アーク(手)溶接技能者として日本一になるという目標を果たし、その技術を若手に伝えていきたい」。全国大会優勝の経歴を持つ原田さんは「認定を機に、改めて地元のものづくり産業に貢献していければ」と喜びを語った。

その他の記事/過去の記事
page-top